2018年06月15日号
次回7月2日更新予定

著者紹介

著者一覧

池田剛介(いけだ・こうすけ)

1980年福岡県生まれ。美術家。東京藝術大学大学院先端芸術表現専攻修了。自然現象やエネルギーへの関心に基づいて、平面作品やインスタレーションなど を展開。主な展示に「東京藝術発電所」、「堂島リバービエ...

石川琢也(いしかわ・たくや)

1984年和歌山県生まれ。WEBサービス企業においてUI・UXディレクターとして働いた後、2013年情報科学芸術大学院大学(IAMAS)に入学。利用者が思考を働かせるためのプロダクト、場つくりを研究。...

井関悠(いせき・ゆう)

水戸芸術館現代美術センター学芸員。秋吉台国際芸術村企画課、横浜トリエンナーレ2005アシスタントキュレーター、資生堂ギャラリー学芸員、ヨコハマトリエンナーレ2014コーディネーターなどを経て、2014...

井高久美子(いだか・くみこ)

1982年生まれ。アシスタントキュレーター/エデュケーター。東京藝術大学大学院修士課程修了。山口情報芸術センター[YCAM] 勤務。YCAMでは、アートとエデュケーションを担当、プロジェクトの企画運営...

市川紘司(いちかわ・こうじ)

1985年生。東北大学大学院工学研究科都市建築学専攻博士後期課程。2013年から中国政府留学生(高級進修生)として清華大学に留学。専門は中国近現代建築史。建築雑誌『ねもは』編集長。

市原研太郎(いちはら・けんたろう)

美術評論家。著書=『マイク・ケリー“過剰の反美学と疎外の至高性”』『ゲルハルト・リヒター/光と仮象の絵画』ほか。

伊藤亜紗(いとう・あさ)

1979年生まれ。美学芸術学。日本学術振興会特別研究員。青山学院大学非常勤講師。 主な論文=「身体を運動させる空間ーートリシャ・ブラウンのダンスとドローイング」(『舞踊學』31号、2008)。

伊藤匡(いとう・きょう)

1956年生まれ。福島県立美術館学芸員。

伊藤幹(いとう・もとき)

1988年生まれ。都市・建築理論。東北大学建築・社会環境工学科卒。東北大学大学院工学研究科都市・建築学専攻修士課程在籍。

井上雅人(いのうえ・まさひと)

デザイン史・ファッション史。武庫川女子大学講師。著書に『洋服と日本人』(廣済堂出版、2001)など。

オススメ展覧会

レビュー/プレビュー

フォーカス

artscapeレビュー

トピックス

360°ビュー

文字の大きさ