2018年01月15日号
次回2月1日更新予定

著者紹介

著者一覧

小澤京子(おざわ・きょうこ)

東京大学グローバルCOE「共生のための国際哲学教育研究センター(UTCP)」特任研究員。建築・都市の表象(図像/テクスト)に潜在する「記憶」と「ナラティヴ」の問題に取り組む。初の単著『都市の解剖学──...

小野英志(おの・ひでし)

1953年生まれ。九州芸術工科大学(現九州大学)大学院博士後期課程修了。2003年より岡山県立大学デザイン学部教授。専門はタイポグラフィ。

小野寛子(おの・ひろこ)

1979年生まれ。練馬区立美術館学芸員、一橋大学大学院言語社会研究科博士後期課程在籍。西洋近代美術史。実践女子大学非常勤講師(2012~)。

大風呂敷チーム(おぶろしきちーむ)

■プロジェクトFUKUSHIMA! プロジェクトFUKUSHIMA!は、東日本大震災後、福島の現在と未来を世界に発信することを目的に福島県内外の有志によって結成(当初の代表は音楽家の大友良英、遠藤ミチ...

オード・タオン(おーど・たおん)

Aude Tahon。1973年、ブルンジ生まれ。フランス工芸作家組合会長。

甲斐賢治(かい・けんじ)

1963年大阪生まれ。せんだいメディアテーク企画・ 活動支援室室長。NPO法人・記録と表現とメディアのための組織「remo」、NPO法人・ 地域文化に関する情報とプロジェクト「recip」、NPO法人...

甲斐義明(かい・よしあき)

1981年東京生まれ。20世紀美術史、写真史。共著に『時の宙づり──生・写真・死』(IZU PHOTO MUSEUM、2010年)、訳書にピーター=コーネル・リヒター『ジョージア・オキーフとアルフレッ...

影山幸一(かげやま・こういち)

1961年生まれ。ア-トプランナー、デジタルアーカイブ研究。CG展=「3D BRAIN CIRCUS」(横浜ランドマークタワーギャラリー 1994)、写真展=「地平線発──21世紀の旅人たちへ」(O美...

柏木博(かしわぎ・ひろし)

1946年生まれ。デザイン論・デザイン史。武蔵野美術大学教授。著書=『近代デザイン史』『「しきり」の文化論』『モダンデザイン批判』『家具のモダンデザイン』ほか。

加治屋健司(かじや・けんじ)

1971年生まれ。美術史、表象文化論。広島市立大学芸術学部准教授、日本美術オーラル・ヒストリー・アーカイヴ代表。共編著に『旧中工場アートプロジェクト』(広島アートプロジェクト、2007)、『広島アート...

オススメ展覧会

レビュー/プレビュー

フォーカス

artscapeレビュー

トピックス

360°ビュー

文字の大きさ