2018年04月15日号
次回5月15日更新予定

フォーカス

バックナンバー

【ニューヨーク】彫像のリアリズムと実像、幻想の狭間で──ドナテッロからジェフ・クーンズまで

[2018年04月15日号(梁瀬薫)]

メトロポリタン美術館の分館メット・ブロイヤーで開催されている彫刻展が、春シーズンの展覧会で、とりわけ注目を集めている。企画はメトロポリタン美術館のヨーロッパ彫刻・装飾部門と近代・現代美術部門の2部門によるコラボである。14世紀の大理石や木彫...

彫刻を見よ——公共空間の女性裸体像をめぐって

[2018年04月15日号(小田原のどか)]

日本で育った大多数の人々にとって、「美術」「彫刻」と聞いて真っ先に思い浮かぶのは、古風な衣服をまとった西洋人の石膏像と並び、駅前や公園など、屋外の公共空間にある記念碑的な人物銅像(その多くが裸体を晒している)ではないだろうか。しかし(「美術...

【パリ】偉大な科学者の功績を展示する方法──「実験者、パスツール」展

[2018年04月01日号(栗栖智美)]

パリは年明けからセーヌ川の増水と大雪による交通機関の麻痺など自然災害によるアクシデントに見舞われたが、ようやく肌寒さの中に春の気配を感じられるようになった。インフルエンザ・ワクチンを打ちましょうという広告も落ち着き、三寒四温を繰り返しながら...

ビル地下に出現した「原っぱ」──会田誠展「GROUND NO PLAN」

[2018年03月15日号(村田真)]

今年2月10日から2週間にわたって、東京・青山通りの特設会場で会田誠展「GROUND NO PLAN」が開催された。現代美術の分野のみならず、建築や都市論に関わる専門家の間でも大きな論議を呼び、最終日には入場のため、長蛇の列ができたという。...

【ロサンゼルス】ジェントリフィケーションの前線と前衛アートの共存思考

[2018年03月01日号(キオ・グリフィス)]

移民が流れ着く地方都市のような大都会、ロサンゼルス。映画都市でもあるこの街は、半世紀前に計画的に創造され、マシンカルチャーを中心に動く、砂漠から蜃気楼のように実現した未来都市である。その未来都市も、映像世界で予知された2010年代に到達する...

イメージ主導で生まれるあたらしいオブジェクト──ポスト・インターネット以降のイメージの流通から考える

[2018年02月15日号(水野勝仁/高尾俊介)]

インターネットの存在は、すでに私たちの生活に欠かすことのできない社会インフラであると言える。こうした状況に立脚した作品が美術館に現われ始めた。これらの作品は、イメージとオブジェクトの関係をどのように更新するのだろうか。今日のイメージの流通の...

【北京】移りゆく時代を映す試み

[2018年02月01日号(多田麻美)]

前回の拙稿(2017年7月1日号)でも触れたが、北京の生活環境はいま、大きな変動のなかにある。それは、さまざまなアーティストの集まる芸術区においても顕著であり、ここ数年の間に、黒橋や費家村などの芸術家村が次々と再開発の対象となり、消失した。...

建築ドローイングとは何か?──「紙の上の建築 日本の建築ドローイング1970s − 1990s」展

[2018年01月15日号(米田尚輝)]

一般に、美術館において建築そのものを原寸大で再現展示することは難しい。だから、写真、模型、図面、映像などの建築に関連する「資料」を展示することが建築の展覧展を実現する手法の通例となっている。この限りにおいて、「紙の上の建築 日本の建築ドロー...

「2017年に印象に残った読みモノはなんですか?」

[2017年12月15日号]

 2017年は重要な芸術論の邦訳や、多彩なアーティストブックが相次いで出版され、さまざまなかたちで、アートについて「読む」経験に触れる機会の多い年となりました。しかし、そもそも「読む」とはどういった行為なのでしょうか。私たちは普段、本やウェ...

【プラハ】最新作『蟲』制作中!──ヤン・シュヴァンクマイエルのスタジオをたずねて

[2017年12月15日号(ナガタタケシ)]

不思議の国のアリスを独自の脚色でパペット人形と実写を融合させて表現した映画『アリス』(1988)などで知られるチェコの現役シュルレアリスト、アニメーション・映画作家であるヤン・シュヴァンクマイエルが最新作の長編映画を遂に完成させようとしてい...

オススメ展覧会

レビュー/プレビュー

フォーカス

キュレーターズノート

artscapeレビュー

トピックス

360°ビュー

文字の大きさ