2020年09月15日号
次回10月1日更新予定

オススメ展覧会

瞬く皮膚、死から発光する生

2020年09月15日号

命の輝きはいかにもたらされるのか。その源を探ることは、芸術が普遍的に追い求めてきた主題の一つといえるものです。限りある時の中で輝く命のあり方として表される幾多の色あいや形、光と闇は、日常の中に息づく「生」と「死」を浮かび上がらせます。そして、世界を覆う災禍に見舞われ、従来の死生観が根底から問われている現在にあって、命の様々なあり方を伝える芸術が、より強く求められています。
現実の姿をあらわにする写真においても、多様な視座や手法をもって、死生観や命の姿が、長い歴史の中で表わされてきました。8名の現代写真家によって開催される本展は、「皮膚」をテーマにそれぞれの眼差しのもと、命に迫ります。
「皮膚」は、人の存在そのものを包んで成り立たせる役割を担っています。私たちは「皮膚」を通して、他者や光景の中に宿る無数の命と、生涯を通じ呼応し続けています。そうした実感の中で撮られる写真もまた、一枚一枚が「皮膚」のように世界と接し、「死」と「生」をつらぬく命の姿が、瞬く光の中に写し出されるのです。[広報資料より]

オススメ展覧会 /relation/e_00053939.json s 10163372

足利市立美術館

地域 関東・甲信越
会場足利市立美術館
栃木県足利市通2-14-7
会期2020年8月25日(火)~11月3日(火・祝)
入場料一般=710(560)円
高大生=500(400)円
*( )内は20人以上の団体料金
*中学生以下は無料
*各種障がい者手帳をご提示の方とその付添の方一名は無料
休館日月曜日(9/21は開館)、9/23
開館時間10:00~18:00(入館は閉館の30分前まで)
問い合わせ先tel. 0284-43-3131
主催足利市立美術館
公式サイトhttp://www.watv.ne.jp/~ashi-bi/index.html

今月のオススメ展覧会

北海道

東北

東京都

関東・甲信越

中部

近畿

中国・四国

九州・沖縄

文字の大きさ