2017年08月01日号
次回9月1日更新予定

著者情報

飯沢耕太郎(いいざわ・こうたろう)

最終更新日:2009年01月15日

twitterでつぶやく

1954年生まれ。写真評論家。きのこ文学研究家。筑波大学大学院芸術学研究科修了。主な著書=『写真美術館へようこそ』『ジャパニーズ・フォトグラファーズ』『写真を愉しむ』『増補 戦後写真史ノート』『現代日本写真アーカイブ: 震災以後の写真表現20112013』『フングス・マギクス:精選きのこ文学渉猟』など。

この著者が書いた記事

多様な「日本写真」の水脈を一望する
──ヨーロッパ写真館「記憶と光 日本の写真1950-2000 大日本印刷寄贈コレクションより」

コンテンツカテゴリ:トピックス
[2017年07月01日]

「安くて、素早くて、汚い。そうこなくっちゃ!」
Robert Frank: Books and Films, 1947-2016 in Tokyo

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2016年12月15日]

報道写真の理念を問い直す注目すべき試み 「戦争と平和 ── 伝えたかった日本」展レビュー

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2015年08月15日]

民家のガンバリと力強さ──「日本の民家一九五五年──二川幸夫・建築写真の原点」レビュー

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2014年02月15日]

[シリーズ3:“写真”の現在形]写真1990-2010──「戦後写真」の終わりと「日本写真」の行方

コンテンツカテゴリ:トークシリーズ:「Artwords」で読み解く現在形
[2013年08月01日]

「写真家・ホンマタカシ」は逆襲できるか?

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2011年04月15日]

影、あるいはシルエットへの固執──不可知の世界の手触りを確認する(「石元泰博 写真展」レビュー)

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2010年10月15日]

▲ページの先頭へ

著者一覧

文字の大きさ