2021年09月15日号
次回10月1日更新予定

著者紹介

著者一覧

上妻世海(こうづま・せかい)

作家・キュレーター。1989年生まれ。主な展覧会は「≋wave≋ internet image browsing」展(TAV GALLERY、2014)、「世界制作のプロトタイプ」展(HIGURE 1...

甲野正道(こうの・まさみち)

1981年文部省に入省し、文化庁著作権課、地域文化振興課や内閣官房(知的財産基本法準備室、知的財産戦略推進事務局)や、滋賀県教育委員会文化振興課、独立行政法人国立美術館本部事務局/国立西洋美術館などで...

河本信治(こうもと・しんじ)

PARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭2015アーティスティックディレクター。 元・京都国立近代美術館学芸課長。 京都工芸繊維大学大学院工芸学研究科修士課程意匠工芸学専攻修了。1981年より京都国...

小原真史(こはら・まさし)

1978年愛知県生まれ。映像作家。東京藝術大学・東京工芸大学非常勤講師。2005年、「中平卓馬試論」で第10回重森弘淹写真評論賞受賞。監督作品に『カメラになった男──写真家 中平卓馬』がある。著書に『...

木幡和枝(こばた・かずえ)

1946年東京生まれ。アート・プロデューサー、翻訳家 、同時通訳者 。TBSブリタニカ、工作舎にて編集に従事。70年代後半よりアムステルダムのデ・アッペル財団インターンを経て、ニューヨークのMoMA ...

小林英治(こばやし・えいじ)

1974年生まれ。編集者・ライター。雑誌やWeb媒体でアート、文学、映画、音楽など様々な分野でインタビューを行なうほか、下北沢の書店B&Bのトークイベント企画も行なう。編集を手がけた書籍にOp...

小林桂子(こばやし・けいこ)

比較的新しい芸術表現であるメディアアートを通じ、技術と社会との関係について研究している。展覧会の企画制作や、メディアテクノロジーを理解し体験できるワークショップを展示や教育、医療の現場等で実施してきた...

小林嶺(こばやし・れい)

1991年生まれ。現代思想・メディア論。早稲田大学文化構想学部表象・メディア論系在籍。

小吹隆文(こぶき・たかふみ)

1964年生まれ。美術ライター。情報誌の編集部勤務を経て、2005年より関西を拠点にフリーランスで活動。主に雑誌、新聞、ウェブで原稿を執筆している。

コ本や honkbooks(こほんや)

2016年6月より活動するプラクティショナーコレクティヴ。映像や書籍の制作、展覧会やイベントを企画するメディアプロダクションとしても活動する。活動拠点として「コ本や honkbooks」というブックシ...

オススメ展覧会

レビュー/プレビュー

フォーカス

キュレーターズノート

artscapeレビュー

トピックス

360°ビュー

文字の大きさ