2021年04月15日号
次回5月17日更新予定

著者紹介

著者一覧

鈴木昭男(すずき・あきお)

サウンド・アーティスト。1941年生まれ。60年代より自然を対象に音の「自修イベント」を始める。70年代に創作した音器「ANALAPOS」で南画廊・東京にて個展以来、コンセプチュアルな音のパフォーマン...

鈴木一誌(すずき・ひとし)

1950年生まれ。東京学芸大学・東京造形大学中退。グラフィック・デザイン、映画批評。デザイン批評誌『d/SIGN』責任編集者。著書に『画面の誕生』『ページと力』『重力のデザイン』『小川プロダクション『...

鈴木萌夏(すずき・もえか)

1996年生まれ。女子美術大学芸術学部アートプロデュース表現領域専攻卒業。現在、同大学大学院博士前期課程美術研究科在籍。研究プロジェクト「レントゲン藝術研究所の研究」として展覧会やインタビュー、ZIN...

鈴木佑也(すずき・ゆうや)

学術振興会特別研究員(PD)、東京外国語大学、東京工業大学、上智大学、東京理科大学で非常勤講師。専門はロシア/ソ連建築史および美術史。1930-50年代のソ連全体主義政治体制下における他国との建築交流...

ステファニー・エロー(すてふぁにー・えろー)

MAC/VAL来館者担当部教育普及担当。パリ・ソルボンヌ第4大学美術史学部で学位を取得。ストラスブールの現代美術館の主任学芸員として1年半勤務。その後アヌシー美術館で現代美術部門の作品収蔵担当として2...

須之内元洋(すのうち・もとひろ)

1977年生。メディア環境学、メディアデザイン。札幌市立大学デザイン学部助教。 international & interdisciplinary design practice - ...

角井誠(すみい・まこと)

1982年生まれ。映画研究、表象文化論。日本学術振興会特別研究員。論文に「真実と扮装──ジャン・ルノワールと1920年代フランス映画の演技理論」(『レゾナンス』第7号、2011)、「『個性』的表現の探...

栖来ひかり(すみき・ひかり)

文筆家・道草者。1976年生まれ、山口県出身。京都市立芸術大学美術学部卒、2006年より台湾台北市在住。台湾に暮らす日々旅の如く新鮮なまなざしを持って、失われていく風景や忘れられた記憶を見つめ、掘り起...

住友文彦(すみとも・ふみひこ)

1971年生まれ。アーツ前橋館長。あいちトリエンナーレ2013、メディア・シティ・ソウル2010(ソウル市美術館)の共同キュレーター。NPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ(AIT)創立メンバー。展...

墨屋宏明(すみや・ひろあき)

一般社団法人アート東京 マーケティング&コミュニケーションズ 統括ディレクター。国内最大級のアートの国際見本市「アートフェア東京」の企画・制作をはじめ、「日本のアート産業に関する市場調査」、アートと街...

オススメ展覧会

レビュー/プレビュー

フォーカス

キュレーターズノート

artscapeレビュー

トピックス

360°ビュー

文字の大きさ