2021年10月15日号
次回11月1日更新予定

著者紹介

著者一覧

日高良祐(ひだか・りょうすけ)

東京都立大学システムデザイン学部インダストリアルアート学科助教。専門はメディア研究、ポピュラー音楽研究。デジタルメディア技術の受容過程とそれにあわせて生じつつある文化変容に関心を持ち、主にインターネッ...

日沼禎子(ひぬま・ていこ)

1969年生まれ。女子美術大学准教授。 国際芸術センター青森(ACAC) 学芸員、 ARTizan プログラム・ディレクター、 空間実験室 実行委員長(2005年~)を歴任し、現職。

日比野紗希(ひびの・さき)

ベルリン在住のプロジェクト& PRマネージャー、ライター、エクスペリエンスデザイナー。Hasso-Plattner-Institut Design Thinking修了。デザイン・IT業界を経て、LI...

平野真弓(ひらの・まゆみ)

Load na Dito Projects 主宰。キュレーター。フィリピン大学ディリマン校芸術学部講師。フィリピンでアーティストが主宰する芸術祭や展覧会の調査を行なっている。

平光睦子(ひらみつ・ちかこ)

同志社女子大学准教授。大阪大学大学院文学研究科博士後期課程修了。工芸史、デザイン史。

広瀬有紀(ひろせ・ゆき)

2015年~、寺山修司記念館学芸員。担当企画展に「寺山修司の不思議図書館」、「寺山修司の1969 ~アジテーションの時代~」、「イラストレーターが挑む寺山修司の言葉」、「オリンピックと寺山修司 ~スポ...

廣田緑(ひろた・みどり)

アーティスト。国際ファッション専門職大学国際ファッション学部准教授(文化人類学、地域文化研究)。民族藝術学会、日本文化人類学会会員。1994年から2010年までインドネシア(バリ、ジョグジャカルタ)で...

廣田理紗(ひろた・りさ)

島根県立石見美術館 主任学芸員。北海道大学大学院文学研究科修士課程修了。2009年3月より島根県立石見美術館に勤務。同美術館ではファッションを担当。企画した展覧会に「森英恵 仕事とスタイル」(2015...

深川雅文(ふかがわ・まさふみ)

1958年生まれ。九州大学哲学科修士課程修了。キュレーター。デザイン論、写真論。主なデザイン展企画に「バウハウス 芸術教育の革命と実験」、「みんなのデザイン」、「現代日本デザイン100選」(2004年...

福住廉(ふくずみ・れん)

1975年生まれ。美術評論家。著書=『今日の限界芸術』共著=『フィールド・キャラバン計画へ』『ビエンナーレの現在』『道の手帖 鶴見俊輔』。

オススメ展覧会

レビュー/プレビュー

フォーカス

キュレーターズノート

artscapeレビュー

トピックス

360°ビュー

文字の大きさ