2021年10月15日号
次回11月1日更新予定

著者紹介

著者一覧

藤井光(ふじい・ひかる)

1976年東京都生まれ。美術家、映像作家。芸術は社会と歴史と密接に関わりを持って生成されていることに基づき、既存の制度や枠組みに対する問いを実証的に検証する作品を制作している。パリ第8大学美学・芸術第...

藤川悠(ふじかわ・はるか)

茅ヶ崎市美術館 学芸員。1980年生まれ。広島市現代美術館、森美術館、東京都現代美術館の勤務を経て、現職。現代美術と教育普及を専門とし、環境や空間を活かし人の五感に働きかける展覧会やプログラムを数多く...

藤田千彩(ふじた・ちさい)

1974年岡山県生まれ。『美術手帖』や自ら編集長の『PEELER』など、アートに関する文章書き、編集だけでなく、ギャラリー巡りなど実践的に鑑賞者を増やす試みも行なっている。2011年、2014年、20...

藤田直哉(ふじた・なおや)

1983年札幌生まれ。批評家。日本映画大学准教授。東京工業大学社会理工学研究科価値システム専攻修了。博士(学術)。著書に『虚構内存在 筒井康隆と 』『シン・ゴジラ論』(作品社、2013)『新世紀ゾンビ...

藤野高志(ふじの・たかし)

藤村龍至(ふじむら・りゅうじ)

1976年東京生まれ。建築家。東洋大学理工学部建築学科専任講師。藤村龍至建築設計事務所代表。作品=《BUILDING K》《東京郊外の家》《倉庫の家》《小屋の家》ほか。編著書=『1995年以後』『アー...

藤吉祐子(ふじよし・ゆうこ)

国立国際美術館 学芸課 主任研究員。NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]などを経て2004年より国立国際美術館に勤務。学校からの団体鑑賞の受け入れや対話による鑑賞ツアーなどをはじめ、『...

藤原ちから(ふじわら・ちから)

1977年高知生まれ。横浜を拠点に国内外の各地を移動し、アーティスト、批評家、キュレーター、ドラマトゥルクとして活動。「見えない壁」によって分断された世界を繋ごうと、『演劇クエスト』を横浜、城崎、...

星野太(ほしの・ふとし)

1983年生まれ。美学、表象文化論。東京大学大学院総合文化研究科准教授。著書に『崇高の修辞学』(月曜社、2017)、訳書にジャン=フランソワ・リオタール『崇高の分析論』(法政大学出版局、2020)、カ...

細馬宏通(ほそま・ひろみち)

1960年、兵庫県生まれ。早稲田大学文学学術院教授。日常会話における身体動作の研究を行うかたわら、マンガ、アニメーションなど19世紀以降の視聴覚文化にも関心を寄せている。著書に『ELAN入門』(ひつじ...

オススメ展覧会

レビュー/プレビュー

フォーカス

キュレーターズノート

artscapeレビュー

トピックス

360°ビュー

文字の大きさ