2021年10月15日号
次回11月1日更新予定

著者紹介

著者一覧

水島久光(みずしま・ひさみつ)

東海大学文化社会学部広報メディア学科教授。1961年東京生まれ。大学卒業後、広告会社、インターネット情報企業を経て、東京大学大学院学際情報学府で学ぶ。2003年東海大学着任。メディアのデジタル化による...

水野勝仁(みずの・まさのり)

1977年生まれ。メディアアート、インターフェイス研究者。国際基督教大学卒業。名古屋大学大学院情報科学研究科博士後期課程修了(博士・情報科学)。現在、甲南女子大学文学部メディア表現学科准教授。メディア...

光岡寿郎(みつおか・としろう)

1978年生。メディア研究、ミュージアム研究。早稲田大学演劇博物館GCOE研究助手。論文=「ミュージアム・スタディーズにおけるメディア論の可能性」 「なぜミュージアムでメディア研究か?」 など。共訳=...

南澤孝太(みなみざわ・こうた)

慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科(KMD)教授 2010年 東京大学大学院情報理工学系研究科博士課程修了、博士(情報理工学) KMD Embodied Media Project を主宰し、触...

南泰裕(みなみ・やすひろ)

1967年生まれ。建築家、アトリエ・アンプレックス主宰。国士舘大学教授。作品=《PARK HOUSE》《南洋堂ルーフラウンジ》《spin off》《アトリエ・カンテレ》ほか。著書=『住居はいかに可能か...

宮城潤(みやぎ・じゅん)

1972年生まれ。前島アートセンター理事、アートNPOリンク理事。沖縄県立芸術大学院修了(彫刻)。2000年「前島3丁目ストリートミュージアム」に参加したことをきっかけに実行委員長として前島アートセン...

ミヤギフトシ(みやぎ・ふとし)

現代美術作家。1981年沖縄県生まれ。東京都在住。自身の記憶や体験に向き合いながら、国籍や人種、アイデンティティといった主題について、映像、オブジェ、写真、テキストなど、多様な形態で作品を発表。近年の...

三宅航太郎(みやけ・こうたろう)

1982年生まれ。おもな活動に、「食事」の「おみくじ」=「おしょくじ」をつくっていくプロジェクト、顔面に建築を組み立てていく《顔面建築》、ヒゲ・メガネ・ボウシのセットをつけ地元出身の画家に扮する《クニ...

宮田徹也(みやた・てつや)

1970年生まれ。横浜国立大学大学院修士修了。主な論文に、「山口長男《軌》のマチエールについて」(「横浜美術館研究紀要」第9号/2008年4月)、「光と闇が交差する」(「オーバートーン」IIカタログ/...

三好美恵子(みよし・みえこ)

(株)DNPアートコミュニケーションズ勤務。1999年よりギンザ・グラフィック・ギャラリー担当。ギンザ・グラフィック・ギャラリーは、毎月、印刷やグラフィックをテーマに企画展を開催しています。

オススメ展覧会

レビュー/プレビュー

フォーカス

キュレーターズノート

artscapeレビュー

トピックス

360°ビュー

文字の大きさ