2017年06月15日号
次回7月3日更新予定

artscapeレビュー

2012イメージの新様態 no.21「Out of Place」

2012年08月01日号

twitterでつぶやく

会期:2012/07/17~2012/07/29

GALLERY SUZUKI、ANTENNA MEDIA[京都府]

GALLERY SUZUKIで毎年開催される恒例の企画展。今年は伊丹市立美術館の藤巻和恵をキュレーターに招き、会場を2カ所に増設して行なわれた。出品作家は、AKI INOMATA(映像、他)、上村亮太(絵画)、川辺ナホ(写真、他)、田口行弘(映像)の4名。私のお気に入りはAKI INOMATAで、やどかりに自作の小オブジェを提供する《やどかりに『やど』をわたしてみる》や、ペットのインコが本人より先にフランス語のフレーズを覚えてしまう《インコを連れてフランス語を習いに行く》は、どちらも傑作だった。もちろんほかの3人も秀作ぞろいで、見応えあり。2つの会場は少々離れており移動が手間だったが、それを補って余りある充実した展覧会だった。

2012/07/17(火)(小吹隆文)

▲ページの先頭へ

2012年08月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ