毎月1日、15日号発行の美術館・アート情報をお伝えするWebマガジン(次回4月3日更新予定)

artscapeレビュー

その他のジャンルに関するレビュー/プレビュー

プレビュー:The Legacy of EXPO’70 建築の記憶─大阪万博の建築

twitterでつぶやく

会期:2017/03/25~2017/07/04

EXPO’70パビリオン[大阪府]

高度成長が頂点を迎える時期に開催され、戦後日本の記念碑というべき一大イベントだった1970年大阪万博(日本万国博覧会)。数々のパビリオンが立ち並び、さながら未来都市のようだった会場は、現在は公園となり(万博記念公園)、往時をしのぶ建築は《太陽の塔》などわずかしか残っていない。そのうちのひとつ《EXPO’70パビリオン》(元・鉄鋼館)で、大阪万博の建築をテーマにした企画展が行なわれる。展示物は、パビリオンの設計図、構想模型の写真、約14年の月日をかけて完成したエキスポタワー模型の初披露と、同タワーが解体される過程を記録した写真225点など。大阪万博は建築史的にも重要で、エアドームや吊構造などの新技術がふんだんに導入された。また、建築の価値観が重厚長大から軽く、小さく、動くものへとシフトするきっかけになったともいう。本展は、そうしたパビリオン建築の記憶をたどるとともに、現在に引き継がれているものを確認する機会となるだろう。

2017/02/20(月)(小吹隆文)

ヒスロム活動紹介展示、アートノード・ミーティング02

twitterでつぶやく

会期:2017/02/19~2017/02/19

せんだいメディアテーク[宮城県]

せんだいメディアテークへ。7階では、身体系のアーティストと言うべきヒスロムの活動を紹介する小展示を開催していた。2018年に本格的な展示を行なう予定である。またKOSUGE1-16と甲斐賢治のトークでは、現地のリサーチをベースとした制作の手法、そして子どもの遊びを創出する、彼らの海外活動から仙台のアートノードで昨年末に発表した「アッペトッペ」までの軌跡を振り返る。

2017/02/19(日)(五十嵐太郎)

アスリート展

twitterでつぶやく

会期:2017/02/17~2017/06/04

21_21 DESIGN SIGHT[東京都]

前回の「食べ物」を「見世物」にする企画展はリサーチ量も半端なく、とてもうまくいっていたと思うが、今回のもともと十分に「見世物」として大人気のスポーツを、あえて展覧会でもう一度「見世物」にするのはなかなかハードルが高いなと感じた。それぞれに工夫された展示ではあったが。

2017/02/17(金)(五十嵐太郎)

artscapeレビュー /relation/e_00038575.json s 10133364

第4回ワークショップ「6年目のふるさとを考える」─原発型避難集落への改修による復帰─

twitterでつぶやく

朝日座[福島県]

南相馬で第4回ワークショップ「6年目のふるさとを考える─原発型避難集落への改修による復帰─」を開催。登録有形文化財の朝日座にて、リノベーション・改修をテーマに新堀学・豊田善幸・嶋影健一の講演・座談会を行なう。新堀学は、リノベーション手法の概論と被災地の事例を紹介した。豊田善幸は、震災後、解体の危機にあった古民家を自費で購入し、まちの人を巻き込みながら改修し、すでに存在する地域の資産を見直していく、いわき市でのユニークな活動を報告した。そして嶋影健一からは小高区の公会堂リノベーション案を発表した。座談会では、311後の福島における建築の状況を踏まえて、風景の断絶と連続、リノベーションの可能性などを討議する。最後に、東北大五十嵐研の塔と壁画のある集会所の建設プロセスやWSの成果をまとめた映像作品『風景の断絶に抗う』(学生の木下順平が監督)を大スクリーンで上映する。

2017/02/13(月)(五十嵐太郎)

ARS ELECTRONICA in the KNOWLEDGE CAPITAL vol.07
InduSTORY 私たちの時代のモノづくり展

twitterでつぶやく

会期:2017/02/09~2017/05/07

ナレッジキャピタル The Lab. みんなで世界一周研究所[大阪府]

従来のアート、デザイン、科学、ビジネスの枠を取り払った、新たな時代のクリエーションを見せてくれるナレッジキャピタルの企画展。本展は、オーストリア・リンツのクリエイティブ・文化機関アルスエレクトロニカとのコラボ企画第7弾で、東京大学・山中俊治研究室プロトタイピング&デザイン・ラボラトリーと、さまざまな分野の人材から成るプロジェクトチーム、ニューロウェアの2組が登場した。プロトタイピング&デザイン・ラボラトリーの作品は、生物的な動きを見せる機械や同一素材からさまざまな触感を得るための試みであり、ニューロウェアの作品は、センサーやデータを駆使して人とモノのコミュニケーションを図るツールである。これらを現在のアートの文脈で評価するのは難しいが、今後はこうしたテクノロジー系の芸術表現が増えていくのは間違いないだろう。そのときアートは新境地を開拓するのか、それとも新たな領域に飲み込まれていくのだろうか。

2017/02/09(木)(小吹隆文)

artscapeレビュー /relation/e_00038806.json s 10132567

▲ページの先頭へ

  • RSS配信
  • RSS配信

2017年03月15日号