2017年11月15日号
次回12月1日更新予定

artscapeレビュー

建築に関するレビュー/プレビュー

「移動する建築」都市設計コンペ&「みんなのヒミツ基地」まちづくりアイデア募集 二次審査会&表彰式

twitterでつぶやく

坂の上の雲ミュージアム[愛媛県]

松山の駅前の花園町通りやロープウェー通りなどを見る。ストリート沿いに良好な景観や歩行者の空間をつくりながら、照明やファニチャーによって、デザイン性も確保している。さて、今回の松山訪問の目的は、アイデア・コンペではなく、花園町通りや温泉エリアで実際に制作する「移動する建築」都市設計コンペの6組の二次審査を行なうためだった。会場は坂の上の雲ミュージアムであり、モバイル茶室、帯、円筒、屋台、マルシェ、雲など、多様な案がそろった。審査の結果、花園町通りではキム・テボンによるまちを旅する4つの屋台が、飛鳥乃温泉エリアではバンバタカユキらによる浮かぶ雲のプロジェクトが最優秀に選ばれた。

写真:上・中=花園町通り 下=ロープウェー通り

2017/10/29(日)(五十嵐太郎)

《はーばりー》《今治市公会堂》《愛媛信用金庫今治支店》

twitterでつぶやく

[愛媛県]

今治にて、昨年はオープン前で外観のみ見学した原広司のみなと交流センター《はーばりー》を訪問する。実際に屋上のデッキまで歩くと、本当に船のイメージであることがわかる。宇宙船みたいな図書館とか、ロケット発射場みたいな高層ビルとか、ある種の浪漫主義的なテイストが原建築に感じられる。昨年は内部に入れなかった丹下健三の《今治市公会堂》も、ちょうど子どものダンス・コンテストのリハーサル中で見ることができた。天井は構造があらわになったオリジナルの形状を維持しつつ、座席は現代の仕様に変えられていた。また丹下による《愛媛信用金庫今治支店》は、遠景から見ると、頂部の持ち上げた屋根の造形がカッコいい。

写真:上=《はーばりー》 中=《今治市公会堂》 下=《愛媛信用金庫今治支店》

2017/10/28(土)(五十嵐太郎)

飛鳥乃湯泉、道後温泉本館

twitterでつぶやく

[愛媛県]

松山にて、アーバン・デザイン・センターのスタッフの案内により、道後温泉のエリアをまわる。まちづくりの現在をうかがいつつ、オープンしたばかりの飛鳥乃湯泉を見学した。聖徳太子の伝説に基づき、外観はまさかの日本古代の様式! である。内部に伝統工芸の技を散りばめる。この向かいの商店群では、浅子佳英がリノベーション・デザインを計画中らしい。今度修復保全の工事に入るという道後温泉の本館は、かなり細かく内部のあちこちを見学する。これも新築一発では不可能な空間、というか現行の法規では無理だろう。が、それこそが最大の魅力である。ギヤマンのガラスをはめた塔屋から見下ろすと、つぎはぎ建築の隙間に銭湯施設の機械設備が見え、和とメカのハイブリッド感にしびれる。

写真:上・中=飛鳥乃湯泉 下=道後温泉本館

2017/10/28(土)(五十嵐太郎)

《天神山のアトリエ》《貝沢の家》《萩塚の長屋》

twitterでつぶやく

[群馬県]

高崎にて、藤野高志/生物建築舎のアトリエを訪問する。三度目だが、ものすごく植物や木が生長していて驚く。今回は彼の漫画による卒計のインタビューが目的である。やはり、図面や模型が一切なく、簡単な本を制作したという。内容は文明批評を伴う壮大な建築と自然の物語である。ほかに巨大な油絵、インスタレーションを燃やす行為もあったことを知る。なお、この漫画は事務所のHPで閲覧可能だ。続いて、藤野高志による実家のリノベーション、《貝沢の家》を見学した。長い時間をかけただけに、とんでもなくややこしく、複雑な、新築では絶対に生まれない空間の質を醸成していた。もとはごく普通の家なのだが、新しさと古さがシームレスにつながり、工事中/解体中にも見える建築に変身した。そして《萩塚の長屋》を再訪した。地方都市ゆえに、駐車場を2台分ずつ確保する集合住宅であり、中庭は視線が交わらないよう計算しながら、竹を植える。この一角に入る前衛的なガーデニング屋、ACID NATURE 乙庭が植栽を担当したという。藤野のアトリエも、こことのコラボレーションで植物を選定していたことが判明した。

写真:上=《天神山のアトリエ》 中=《貝沢の家》 下=《萩塚の長屋》

2017/10/27(金)(五十嵐太郎)

Under 35 Architects exhibition 35歳以下の若手建築家による建築の展覧会 2017

twitterでつぶやく

会期:2017/10/20~2017/10/30

大阪駅・中央北口前 うめきたシップホール[大阪府]

今年のU35の展覧会の公募は、筆者が審査を担当した。悩んだ挙げ句、なるべく、違うタイプの作品を幅広くという方針で選んだ。その結果、社会的、リレーショナル・アーキテクチャー的、建築的、モノ的、アート的という布陣に加え、昨年からのシード組で2人が加わった展示となった。自分で選んだ5組については、ひとりを除いて、すべて実作を見学した。ゆえに、それで作品が面白かった齋藤隆太郎、三井嶺、千種成顕がゴールドメダル候補ではないかとあらかじめ考えていた(酒井亮憲は進行中の教会を出品していたら、有力な候補だった。前嶋章太郎は気持ちがよさそうな住宅だったが、着工前のプロジェクトなので外した)。シンポジウムでは、三井氏が本音を言ったことで、作品の意味がさらに明快になり、ゴールドメダルに決めた。看板建築に対するかなりユニークな補強のリノベーションであり、コンピュータによるデザインと歴史的な思考が複合しつつ、空間よりもあえてモノにこだわる姿勢が、実はとても未来的だった。彼は東大の藤井研(歴史)の出身だが、豊田啓介もそうらしい。

写真:上=齋藤隆太郎 中=三井嶺 下=千種成顕

2017/10/21(土)(五十嵐太郎)

▲ページの先頭へ

文字の大きさ