毎月1日、15日号発行の美術館・アート情報をお伝えするWebマガジン(次回6月1日更新予定)

artscapeレビュー

五十嵐太郎のレビュー/プレビュー

analog(DIY印刷加工スタジオ)

twitterでつぶやく

[宮城県]

アーティストのO JUNさんらと展覧会の企画打ち合わせを兼ねて、仙台のDIY印刷加工スタジオ「analog」を訪問した。せんだいスクール・オブ・デザインのスタジオで前衛的な装丁の雑誌『S-meme』を制作していたときにお世話になった菊地充洋が運営している。いろいろな機械が設置されており、さまざまな印刷と製本加工の技術を使えるスタジオである。

2016/04/25(月)(五十嵐太郎)

ライアン・マッギンレー BODY LOUD!

twitterでつぶやく

会期:2016/04/16~2016/07/10

東京オペラシティ アートギャラリー[東京都]

自然の風景のなかでの男女のヌード写真がカラフルだったり、厳しい環境と人体の対比が激しかったり。展示室のスケール感を最大限に活かした500枚のポートレートで埋め尽くされた巨大な壁は壮観だった。写真作品の端が平気で重なる思い切った展示である。

2016/04/24(日)(五十嵐太郎)

artscapeレビュー /relation/e_00034639.json s 10123492

鄭義信 三部作vol.2 たとえば野に咲く花のように

twitterでつぶやく

会期:2016/04/06~2016/04/24

新国立演劇場 小劇場 THE PIT[東京都]

ともさかりえほか、俳優もリアルな舞台美術も、ウェルメイドな演劇である。朝鮮戦争勃発時の福岡において、朝鮮人のアイデンティティ、アメリカと日本の関係などの社会背景に、古典的な恋愛と悲(喜)劇を絡ませる。ただし、物語を展開させ、事件を引き起こすあかねの執念的な行動がやや説明不足にも思えた。

2016/04/24(日)(五十嵐太郎)

《ほうとう不動》

twitterでつぶやく

[山梨県]

竣工:2009年

保坂猛が設計した《ほうとう不動》を見学し、食事をする。観光地において富士山を背景に柔らかい曲線の形態がアイコンとして機能している。高速から旧藤野町を通ると、山に白い封筒を模した巨大な《緑のラブレター》が見えるのだが、これはひどい。景観破壊と言えるレベルの現代アートはさすがに勘弁してほしい。

写真:左、右下=《ほうとう不動》 右上=「緑のラブレター」

2016/04/23(土)(五十嵐太郎)

《山梨文化会館》《山梨県立図書館》

twitterでつぶやく

[山梨県]

竣工:1966年

丹下健三の《山梨文化会館》を再訪した。いま見ても力強く、かたちの意志を感じさせる建築である。D&DEPARTMENTが入っていた。その向かいに新しく登場した《山梨県立図書館》が、久米設計ぽいなあと思って、調べたらどんぴしゃりだった。明るく透明で、開かれた公共施設の現代的なテイストを凝縮した空間である。

写真:左上=《山梨文化会館》 左下、右=《山梨県立図書館》

2016/04/23(土)(五十嵐太郎)

▲ページの先頭へ

五十嵐太郎

1967年生まれ。東北大学教授。建築史、建築批評。著書=『終わりの建築/始まりの建築』『新宗教と巨大建築』『戦争と建築』『過防備都市』『現代...

  • RSS配信
  • RSS配信

2016年05月15日号