毎月1日、15日号発行の美術館・アート情報をお伝えするWebマガジン(次回7月1日更新予定)

artscapeレビュー

五十嵐太郎のレビュー/プレビュー

浜田麻里 Mari Hamada Tour 2016 “Mission”

twitterでつぶやく

会期:2016/05/29~2016/05/29

東京国際フォーラム ホールA[東京都]

昨年のラウドパークでとてもよかったので、浜田麻里@東京国際フォーラム。デビューして30年が過ぎても、3時間のライブで疲れをまったく感じさせないウルトラ・ハイトーンボイスは、もはや強靭な楽器の領域だった。往年の名曲は抑え気味であり、挑戦を続ける求道者と言うべきか。ドラムは昔よく聴いた44マグナムのJOEだったのか。

2016/05/29(金)(五十嵐太郎)

イキウメ「太陽」

twitterでつぶやく

会期:2016/05/06~2016/05/29

シアタートラム[東京都]

映画化もされたイキウメ「太陽」@シアタートラム。この劇団の作品が好きでよく見ているが、これは確かに傑作である。太陽がもたらす二項対立は、人間や価値観を分け(差別)、内部と外部、あるいは新旧といった時間や空間の境界線もつくり出す。いつものように、SF風の設定だが、科学的な理由には触れられず、むしろドラキュラの物語のバリエーションを通じた人間社会のアレゴリーとも言える。登場人物はあえてステレオタイプな造形だが、それで終わらせず、複雑な葛藤を抱え、それぞれの未来を選択する。なじみのメンバーに加え、清水葉月が参加し、華を添えた。

2016/05/29(金)(五十嵐太郎)

富士ゼロックス版画コレクション×横浜美術館 複製技術と美術家たち─ピカソからウォーホルまで

twitterでつぶやく

会期:2016/04/23~2016/06/05

横浜美術館[神奈川県]

富士ゼロックスゆえの複製芸術である版画コレクションと、同館のお蔵出しを掛けあわせて、近代以降の美術史をたどる。特に70年代ゼロックスアート、作家本、エルンストやマザウェルが収穫だった。ところで、今回の展示には作品リストがなかったのは残念である。

2016/05/29(金)(五十嵐太郎)

artscapeレビュー /relation/e_00034892.json s 10124501

相田武文 展

twitterでつぶやく

会期:2016/05/23~2016/05/29

建築家会館 大ホール[東京都]

会場の空間を大きな積み木の組み合わせで構成しつつ、1970-80年代の積木の家シリーズ、渋谷の都市建築のファサードのデザイン・サーヴェイ、「AIDA BLOCK」セット、ワークショップの成果などを紹介する。現代の風潮と違い、建築に明快な自立的形態が存在する強さを感じる。

2016/05/27(金)(五十嵐太郎)

写真展 映画館 映写技師/写真家 中馬聰の仕事

twitterでつぶやく

会期:2016/04/12~2016/07/10

東京国立近代美術館フィルムセンター[東京都]

国立近代美術館フィルムセンター「映画館」展は、映写技師/写真家の中馬聰が日本各地で撮影したあじわい深い、古い小さな映画館群を紹介する。地域のコミュニティの場となった藤井光の映画『ASAHIZA』のような場所はどこにでも存在する、という風に受けとめることができた。またフィルムセンターからも戦前の壮麗な映画館の写真を紹介する。これらは千人以上の箱も少なくないが、モダニズムやアヴァンギャルドなデザインの大衆的な需要として興味深い。

2016/05/27(金)(五十嵐太郎)

artscapeレビュー /relation/e_00034974.json s 10124499

▲ページの先頭へ

五十嵐太郎

1967年生まれ。東北大学教授。建築史、建築批評。著書=『終わりの建築/始まりの建築』『新宗教と巨大建築』『戦争と建築』『過防備都市』『現代...

  • RSS配信
  • RSS配信

2016年06月15日号