毎月1日、15日号発行の美術館・アート情報をお伝えするWebマガジン(次回10月1日更新予定)

artscapeレビュー

藝大先端2011

2011年02月15日号

twitterでつぶやく

会期:2011/01/15~2011/01/23

BankARTスタジオNYK[神奈川県]

絵画、映像、インスタレーション、文章、パフォーマンスと、よくも悪くもなんでもありの先端芸術表現科の卒展と院の修了展。初期のころ散見されたハンパな愚作は影をひそめ、みんな驚くほどレベルが高い。先生も熱心だ。しかし教官の指導よろしく軒並み平均点以上の作品を生み出す教育って、先端らしくないんじゃね? まあ時代は変わったのかもしれないが。そんな時代の流れにムダな抵抗を試みるオヤジにウケたのが、焼け崩れたような巨大ロボットの残骸をつくった笹川治子のインスタレーションだ。僕はてっきり焼け落ちた戦艦かと思ったが、どっちにしろそんなもん修士制作でつくるか。世に顧みられない、どうでもいいようなものに対する彼女のシニカルかつ愛情あふれる視線に共感して、新たにM.M賞だ。

2011/01/20(木)(村田真)

▲ページの先頭へ

2011年02月15日号の
artscapeレビュー

  • RSS配信
  • RSS配信

2016年09月15日号