2017年08月01日号
次回9月1日更新予定

artscapeレビュー

2009年08月15日号のレビュー/プレビュー

五十嵐淳《湘南の家》

twitterでつぶやく

[神奈川県]

竣工:2009年

北海道をベースに活躍する五十嵐淳がはじめて関東圏に建てた住宅。はじめて彼の空間を見る機会ということで、やや興奮して訪れた。勾配の深い大きな屋根がシャープな形態をありふれた住宅地に切り取り、さらに進んで別の位置から見返すと一枚の面壁が空中に立てかけられているようにも見える。背後に回ると鈍角に二回折られた壁といくつかの小さな窓。内部に入る。最初に感じたのは森のようだということだった。湘南の海岸にほど近いこの場所には意外なほどの閉鎖性。柱梁に加えて、接合部だけ床と天井に隠れた多くの筋交いが内部空間を駆け抜け、全体的にやや高い位置に幾分ランダムに開けられたような開口部から数条の光が内部に差し込む。木々の合間から漏れる淡い光のようだ。北海道の針葉樹林が想起される。抽象的な森林空間とでもいえようか。その印象は、高い天井高と上部の視界を仕切らないパーティション的な壁によって、より強められることになる。内部空間を彷徨いながら次に感じたのは外部との断絶であった。まるで一枚の壁のような極限までシンプルにされた外観と、森林の中にいるような内部空間は、ほとんど別種の建築に分離しているかのように思われた。まるで湘南(外部)に北海道の森の空間(内部)が呼び寄せられたかのようだ。驚くべきは、両者が一枚の壁を介して矛盾なく接続しているところである。
ところで、五十嵐はこの住宅について「空」との関連でコメントしており、その内容が興味深い。藤本壮介の建築空間では「届く空」を感じたのに対して、自身の作品では「届かない空」があるという。つまり、五十嵐が目指しているのは、どこか遠くの空間を現出させることではないか。手に届かないものを表現し空間化することが目指されている。そのため湘南に北海道の森のような空間を呼び寄せたように見え、また高い天井に柱と筋交いが消えていくことなどが相まって、吸い込まれるような届かない空が表現されているように思われた。

2009/06/26(金)(松田達)

鈴木理策「WHITE」

twitterでつぶやく

会期:2009/05/28~2009/07/11

GALLERY KOYANAGI[東京都]

以前、鈴木理策が雪の結晶の研究で知られる実験物理学者、中谷宇吉郎の『雪』(岩波文庫)を読んでいると聞いたことがある。その探究の成果が、今回の展示で実ったということだろうか。小さなフレームにおさめられた雪の結晶のクローズアップは、愛らしく、しかも凛と澄み切った美しさがある。彼の自然現象に対する畏敬の念と繊細な観察力が、文字通り見事に「結晶」したシリーズである。
雪山を撮影した作品群もいい。樹木に降り積もる雪、白いシルエットとなった樹木、雪山の柔らかな(エロティックな)起伏、夜空から降りそそぐ雪。雪の白と印画紙の白との境界線は、曖昧なままに溶け合い、「WHITE」としかいいようのない豊饒な空白の領域が姿をあらわす。「雪は天からの手紙」というのは中谷宇吉郎の言葉だが、鈴木理策が試みているのは、その自然がそっと差し出す「手紙」を彼自身の身体と写真機とを結合させた、独特の映像言語で読み解くことだろう。その営みは、いまや追随を許さないレベルにまで達しつつあるように思える。

2009/07/01(水)(飯沢耕太郎)

戦争画の相貌──花岡萬舟連作

twitterでつぶやく

会期:2009.06.15~2009.07.11

早稲田大学會津八一記念博物館[東京都]

ぜんぜん知らなかったが、花岡萬舟は日本画も洋画も手がけた画家。その彼が描いた戦争画57点が2年前に會津八一記念博物館に寄贈され、約半数が修復を終えて公開されているのだ。まず見て驚くのは絵がヘタなこと。作品サイズも変化に乏しく、絵画形式には無頓着だったこと。彼は長く中国大陸にいて、日本軍の工作員のような任務にもついていたという。よくあるような従軍画家ではないし、頼まれて戦争画を描いたわけでもないらしい。彼自身、作品の出来映えをほとんど気にしなかったそうだ。つまり、日曜戦争画家? 作品よりむしろ画家本人に興味がわいてくる。

2009/07/01(水)(村田真)

artscapeレビュー /relation/e_00004834.json s 1207421

レオナール・フジタ展

twitterでつぶやく

会期:2009.06.12~2009.07.21

そごう美術館[東京都]

再発見された4点の幻の大作を目玉に、昨年「レオナール・フジタ展」が全国を巡回したが、これも同じかと思ってのぞいたら、壁画を中心に再編成されたものだという。乳白色の地に面相筆による繊細な線描を売りとするフジタには、勇ましい壁画の大作は似合わないが、これが契機となってのちの戦争画や戦後の教会のフレスコ画にいたるとすれば、画家の生涯にとってきわめて重要な作品に位置づけられる。結果的に成功したにせよ失敗したにせよ、人気の高い乳白色の画面を打破しようとした点に、フジタの不屈の画家魂を見てとることができる。

2009/07/02(木)(村田真)

artscapeレビュー /relation/e_00004870.json s 1207422

今井紀彰「写真で壁画」

twitterでつぶやく

会期:2009.07.02~2009.07.12

ZAIMギャラリー[東京都]

海を撮った写真を並べて海に見せたり、山を撮った写真を組み合わせて山にしたり。それを壁に直接貼りつけている。うれしいのは、インド洋に浮かぶレユニオン島で撮った風景写真を万華鏡のように組み合わせて、絶滅した鳥ドードーを構成したこと。これはどこかに残してほしいなあ。

2009/07/02(木)(村田真)

▲ページの先頭へ

2009年08月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ