2020年06月01日号
次回6月15日更新予定

著者紹介

佐々木友輔(ささき・ゆうすけ)

最終更新日:2020年03月31日

1985年兵庫県生まれ。映像作家、企画者。主な長編映画に『新景カサネガフチ』、『土瀝青 asphalt』、『TRAILer』、『コールヒストリー』、『映画愛の現在』、著作に「三脚とは何だったのか──映画・映像入門書の20世紀」(『ビジュアル・コミュニケーション──動画時代の文化批評』限界研編、南雲堂、2015)、「房総ユートピアの諸相──〈半島〉と〈郊外〉のあいだで」(『半島論──文学とアートによる叛乱の地勢学』金子遊・中里勇太編、響文社、2018)など。

この著者が書いた記事

文字の大きさ