2021年09月15日号
次回10月1日更新予定

著者紹介

坂本顕子(さかもと・あきこ)

最終更新日:2017年04月15日

1976年熊本市生まれ。熊本市現代美術館学芸員。同館設立準備室を経て現職。
教育普及をベースに、現代美術系の企画展を多数行なう。美術や美術館が地域に開かれていくための研究・実践を続けている。http://www.camk.or.jp/

この著者が書いた記事

小さな町で美術を耕す──小国町・坂本善三美術館と地域住民たちの数々の試み

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2021年08月01日]

その土地の芸術──「段々降りてゆく─九州の地に根を張る7組の表現者」展

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2021年04月01日]

地域のイメージを更新すること、共有すること──
豊田有希写真展 あめつちのことづて/令和2年7月豪雨REBORNプロジェクト

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2020年12月15日]

自然と共生する人間の営み──
久門剛史「らせんの練習」/廣瀬智央「地球はレモンのように青い」

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2020年07月15日]

コロナの時代における「弱さ」とは何か──
「ライフ 生きることは、表現すること」展

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2020年05月15日]

サラリーマン・コレクターの生き様──
MY NAME IS TOKYO KAI AND I AM AN ARTOHOLIC 甲斐寿紀雄コレクション展

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2019年12月01日]

美術館の存在意義──追悼 桜井武 熊本市現代美術館館長

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2019年07月15日]

大竹伸朗はなぜ「ビル景」を描くのか?──約40年にわたる絵画シリーズの全貌

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2019年04月01日]

熊本市現代美術館「バブルラップ」展

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2019年01月15日]

途切れない創作意欲──熊本市現代美術館「蜷川実花展 虚構と現実の間に」/「アートパレード・パレード」

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2018年07月15日]

文字の大きさ