2021年09月15日号
次回10月1日更新予定

著者紹介

著者一覧

武邑光裕(たけむら・みつひろ)

札幌市立大学デザイン学部教授。札幌国際芸術祭2014ゼネラル・プロデューサー。札幌メディア・アーツ・ラボ所長、札幌市立大学デザイン学部教授。日本初の国際メディアアート・ビエンナーレ名古屋「ARTEC」...

多田麻美(ただ・あさみ)

1973年生まれ。アートライター、作家、翻訳者。テーマは中国とロシアの文化。現在、イルクーツク在住。著書に『中国 古鎮をめぐり、老街をあるく』(亜紀書房、2019)、『映画と歩む、新世紀の中国』(晶文...

多田智美(ただ・ともみ)

1980年生まれ。編集者。editorial studio MUESUM代表。“出来事の創出からアーカイヴまでを”をテーマに、アート/デザインを軸とした書籍や広報物、イベントや展覧会の企画・編集を手が...

橘美貴(たちばな・みき)

1990年神戸生まれ。2015年関西学院大学(文学研究科美学芸術学領域)修了。2016年より高松市美術館で学芸員として勤務。「ヤノベケンジ展」や「高松コンテンポラリーアート・アニュアル」など現代美術の...

立石信一(たていし・しんいち)

国立アイヌ民族博物館学芸員。1980年長野県生まれ。横浜市立大学大学院国際文化研究科博士前期課程修了。企画した展覧会として「アイヌ語地名を地形で巡る シラオイ・ノボリベツ─宇宙・人文学とアートで読み解...

建畠晢(たてはた・あきら)

1947年生まれ。京都市立芸術大学学長。埼玉県立近代美術館館長。

田中宏子(たなか・ひろこ)

東京都美術館学芸員。芳賀町総合情報館、刀剣博物館の学芸員を経て2018年より現職。主な担当展に「福田たね青木繁のロマン」(2008、芳賀町総合情報館)、「花鳥絢爛 刀装 石黒派の世界」(2016、刀剣...

田中美苗(たなか・みな)

大日本印刷(株)C&I事業部第1トータルソリューション本部インタラクティブメディア&スペース企画開発グループに勤務。インタラクティブメディアを活用した空間開発に従事。

田中みゆき(たなか・みゆき)

キュレーター/プロデューサー。「障害は世界を捉え直す視点」をテーマにカテゴリーにとらわれないプロジェクトを企画する。価値や評価が定まる前の表現を扱うプロジェクトをとおして、表現の見方や捉え方を障害当事...

田中由紀子(たなか・ゆきこ)

美術批評、ライター、インディペンデントキュレーター。展覧会=ファン・デ・ナゴヤ美術展2007「他者のまなざし、他者へのまなざし――視線からつくら れる私」、あいちトリエンナーレ2010現代美術企画コン...

オススメ展覧会

レビュー/プレビュー

フォーカス

キュレーターズノート

artscapeレビュー

トピックス

360°ビュー

文字の大きさ