2021年06月01日号
次回6月15日更新予定

著者紹介

著者一覧

都築響一(つづき・きょういち)

1956年東京生まれ。『POPEYE』『BRUTUS』で現代美術、建築、デザイン、記事の編集に携わる。1993年、東京に暮らすさまざまな人々の居室を撮影した『TOKYO STYLE』を刊行し、大きな話...

ティエリー・ドゥヴァンク(てぃえりー・どぅゔぁんく)

Thierry Devynck。パリ市フォルネー図書館学芸員。

寺井元一(てらい・もとかず)

株式会社まちづクリエイティブ代表取締役/アソシエーションデザインディレクター。NPO法人KOMPOSITIONを設立し、多くの壁画プロジェクトや日本最大規模のストリートバスケ大会など、公共空間と民間活...

徳原直子(とくはら・なおこ)

国立国会図書館入館後、様々な部署を経て、平成26年4月から電子情報部に所属。令和2年4月から同部電子情報企画課次世代システム開発研究室長。ジャパンサーチの開発に当初から関わる。

徳山拓一(とくやま・ひろかず)

1980年、静岡県生まれ。森美術館アソシエイト・キュレーター。2012年より京都市立芸術大学ギャラリー@KCUAで学芸員として勤め、2016年4月より森美術館に勤務。主な展覧会企画として、2016年グ...

戸田穣(とだ・じょう)

1976年生まれ。建築史。博士(工学)、金沢工業大学講師。共著= Le Public et la politique des arts au siècle des Lumiè...

富井玲子(とみい・れいこ)

美術史研究。NYの国際現代美術センター(CICA)上級研究員を務めた後、インデペンデント・スカラーとして研究発表、展覧会企画を行う。アジア・アート・アーカイブのアドバイザー委員。共同企画展に『グローバ...

冨山由紀子(とみやま・ゆきこ)

写真史。視覚文化論。 東京大学大学院総合文化研究科博士課程在籍。論文に「スナップショットの時間」展図録(三鷹市美術館、2008)、「〈日常〉写真の静かな抵抗 ──下津隆之〈沖縄島〉を読む」(『表象5』...

土居伸彰(どい・のぶあき)

1981年生まれ、アニメーション研究・評論。日本学術振興会特別研究員、東京造形大学非常勤講師。論文に「柔らかな世界――ライアン・ラーキン、そしてアニメーションの原形質的な可能性について」(加藤幹郎編著...

ドミニク・チェン(どみにく・ちぇん)

フランス国籍。東京大学大学院学際情報学府修士課程修了、 同大学院博士課程修了。博士(学際情報学) 。2001年より、さまざまな媒体でメディア論を中心とした論考を執筆。NPO法人コモンスフィア(旧クリエ...

オススメ展覧会

レビュー/プレビュー

フォーカス

キュレーターズノート

artscapeレビュー

トピックス

360°ビュー

文字の大きさ