2022年11月15日号
次回12月1日更新予定

著者紹介

セオ・ヒョジョン(せお・ひょじょん)

最終更新日:2022年02月01日

Hyojung Seo。メディア・アーティスト。1972年生まれ。 Samsung Art and Design Institute(SADI)教授。 2004年からメディアインスタレーションや映像パフォーマンスの作業を始め、OGAKI BIENNALE、神戸ビエンナーレ、光州デザインビエンナーレ、マンチェスター・アジア・トリエンナーレなどで作品を披露した。 現在はコーディングの可能性を探求するCreative Computation授業を通じたプロジェクトと毎日、日常のなかでアルゴリズムを発見してコーディングに移すDaily Codingプロジェクトを進めている。
https://seohyo.cargo.site

この著者が書いた記事

【ソウル】独立系デザインスタジオがデザイン産業を変える

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2022年02月01日]

文字の大きさ