2021年10月15日号
次回11月1日更新予定

著者紹介

畑井恵(はたい・めぐみ)

最終更新日:2021年04月15日

1983年和歌山県生まれ。高校中退後、辻製菓専門学校、辻調グループフランス校シャトー・ド・レクレール卒業。Chocolaterie Béline(フランス、ル・マン)での研修を経て、フランス菓子 シャルル・フレーデル(大阪)でパティシエとして2年間勤務の後、大阪大学文学部で西洋近現代美術史を専攻。大阪大学文学研究科博士前期課程修了、同研究科博士後期課程単位取得退学。丸亀市猪熊弦一郎現代美術館学芸員を経て2015年より千葉市美術館学芸員。現代美術を中心とした展覧会企画及び教育普及事業を担当する。主な企画に「目[mé] 非常にはっきりとわからない」(2019)、「つくりかけラボ」(2020-)。
[撮影:植本一子]

この著者が書いた記事

第2回 美術館での心の動きが、個々の日常に還っていくまで──藤川悠(茅ヶ崎市美術館)×畑井恵(千葉市美術館)

コンテンツカテゴリ:もしもし、キュレーター?
[2021年08月01日]

第1回 プロローグ:生きることは変わること。アメーバのような美術館の「揺らぎ」について──畑井恵(千葉市美術館)

コンテンツカテゴリ:もしもし、キュレーター?
[2021年04月15日]

文字の大きさ