2020年09月15日号
次回10月1日更新予定

キュレーターズノート

バックナンバー

「コミュニティー」と「祭り」のあり方──飛生芸術祭から見えてくるもの

[2020年09月15日号(立石信一)]

前回の執筆時点(2020年4月15日号)では、東京2020オリンピック・パラリンピックが延期になるなど、新型コロナウィルスの広がりが大変なことになってはいたが、ここまで社会のあり方に影響を及ぼすとは想像していなかった。

謙虚さを学ぶ──「YCAMオープランラボ2020:続・ナマモノのあつかいかた」

[2020年09月15日号(吉﨑和彦)]

11月の開催に向けて準備を進めていたホー・ツーニェンの展覧会が、来年4月に延期となった。本展では新作を発表する予定だが、コロナ禍により国外との往来が制限され、滞在制作や展示のために作家が来日する見通しが立たなくなったことが主な理由で、延期と...

アートを摂取すること──「猪熊弦一郎展 アートはバイタミン」

[2020年09月15日号(橘美貴)]

リオープンをした丸亀市猪熊弦一郎現代美術館(以下、MIMOCA)で、「 猪熊弦一郎展 アートはバイタミン 」が開催されている(2020年9月22日まで)。 戦後日本美術における猪熊弦一郎の存在は大きなものだが、出身地である香川では特に重要作...

「プランB」ではないオンラインイヴェントの可能性──新型コロナウイルス流行下の試みから

[2020年09月15日号(町村悠香)]

都内にある多くの美術館と同様に、筆者の勤務する 町田市立国際版画美術館 は、新型コロナウイルスの影響で3月末から6月初めにかけて臨時休館を余儀なくされた。当初4月から6月にかけて開催される予定で、 前回記事 でも紹介した担当展「 インプリン...

複層性をもつ文脈と想像力──テキスタイル・プランナー 新井淳一の仕事/廣瀬智央 地球はレモンのように青い

[2020年09月01日号(住友文彦)]

異なる素材を用いて織られた布との対峙、あるいは長期間にわたるプロジェクトを通して、その背景にある文化と歴史の複雑な文脈、そしてそれを掬い出す作家の知性にはっとさせられることがある。大川美術館「 テキスタイル・プランナー 新井淳一の仕事 」と...

光の無限軌道を描く──「久門剛史 ─ らせんの練習」

[2020年08月01日号(中井康之)]

前回の学芸員レポートを記した2020年4月初めには、ここまで激甚ともいえる社会的な変化が起こるとは想像していなかった。その1ヶ月後の5月初め、厚生労働省から「新しい生活様式」の実践例が公表された。それは要するに、個々人は、身体的距離の確保、...

状況のゆらぎと対峙する──「ミナト・ノート」と「バッドタイミング」/「グッドタイミング」

[2020年08月01日号(吉田有里)]

2月後半から愛知県でも新型コロナウイルスの感染者・死亡者が増加し、感染防止のため港まちポットラックビルで開催予定のワークショップやイベントは延期・中止することとなった。 今回は、この数カ月の間のコロナ禍下での取り組みとしてMAT, Nago...

弘前れんが倉庫美術館オープン:その建築と開館記念展について

[2020年08月01日号(工藤健志)]

去る7月11日(土)、 弘前れんが倉庫美術館 がグランドオープンした。当初は4月11日(土)に開館予定であったが、コロナ禍のため延期。非常事態宣言解除後の6月1日(月)にプレオープンし、事前予約制で弘前市民から青森県民へと段階的に観覧対象を...

#WeShallNotBeRemoved ポストコロナは連帯か排除か

[2020年07月15日号(田中みゆき)]

コロナ禍において、障害のある人たちが「命の選別」を危惧している。感染拡大により医療崩壊が起きたとき、障害者の命が軽視されることはないのか。今なお社会に残る優生思想から、当事者たちは危機感を訴えている。実際に、米アラバマ州は人工呼吸器が不足し...

コロナ禍に、美術館・博物館の未来をぼんやり考える

[2020年07月15日号(角奈緒子)]

なんとも難儀な世の中になってしまった。外出したくても、できない。事実、先月中頃までは、不要不急の外出を控えるようにと要請されていた。そして現在、自粛要請は解除され、移動の自由は戻ったものの、死をもたらしうる未知のウイルスに、まったく恐怖を覚...

オススメ展覧会

レビュー/プレビュー

フォーカス

キュレーターズノート

artscapeレビュー

トピックス

360°ビュー

文字の大きさ