2024年02月15日号
次回3月1日更新予定

artscapeレビュー

カタログ&ブックス | 2023年3月15日号[近刊編]

2023年03月15日号

展覧会カタログ、アートやデザインにまつわる近刊書籍をアートスケープ編集部が紹介します。
※hontoサイトで販売中の書籍は、紹介文末尾の[hontoウェブサイト]からhontoへリンクされます





「二つの栃木」の架け橋 小口一郎展 足尾鉱毒事件を描く

編集:木村理恵子(栃木県立美術館)
発行:栃木県立美術館
サイズ:15.5×21.5cm、220ページ

2023年1月21日(土)〜2023年3月26日(日)まで、栃木県立美術館にて開催されている企画展「「二つの栃木」の架け橋 小口一郎展 足尾鉱毒事件を描く」のカタログ。







反戦と西洋美術 ちくま新書

著:岡田温司
発行:筑摩書房
発行日:2023年2月7日
サイズ:新書判、224ページ

戦争とその表象の関係という古くて新しい問い。17世紀から現代に至る「反戦」のイメージを手がかりに、その倫理的、あるいは政治的な役割について捉え直す。






アルトー横断──不可能な身体

編:鈴木創士
発行:月曜社
発行日:2023年2月17日
サイズ:四六判、308ページ

この一冊から始まるアルトー・・・ドゥルーズ、デリダ、フーコーらに決定的な啓示を与え、土方巽、寺山修司らを揺り動かしたアントナン・アルトーとは何者なのか。14名の最前線の書き手による、24年ぶりの論集。「自殺論」新訳3編併録。






現代都市のための9か条 近代都市の9つの欠陥

著:西沢大良
発行:オーム社
発行日:2023年2月17日
サイズ:四六判、322ページ

困難な時代の試練にわれわれはどう立ち向かうべきか。 人口流動性、メガスラム、環境・生態系、食料・エネルギー、震災、パンデミック、戦争など……、あらゆる問題はすでに出尽くした。まもなく、いまだ人類が見たことのない、新しい都市の形態が誕生するだろう――。 発表されるや大きな注目を集めた伝説的テキスト「現代都市のための9か条――近代都市の9つの欠陥」を書籍化するものである。本書では、「9か条」に加えて、主要な設計論である「木造進化論」、近年書かれた最新テキストやインタビュー・談話などを選りすぐり収録。西沢大良の思考と、「9か条」をよりよく理解するための一冊。






わたしのコミュニティスペースのつくりかた みんとしょ発起人と建築家の場づくり

著:土肥潤也・若林拓哉
発行:ユウブックス
発行日:2023年2月18日
サイズ:A5変判、184ページ

朝日新聞「天声人語」やNHK総合などでも取り上げられ、3年間で全国約50館に広がった民営図書館「みんとしょ」の発起人、そして話題の小商い建築「ARUNŌ」の設計・運営を手掛ける若手建築家による自分流コミュニティスペースづくりのガイドブック。 悩み相談、軌道に乗せるまでのハウツウ、事例の具体的なストーリーなどヒントが満載です。






わたしと『花椿』 雑誌編集から見えてくる90年代

著:林央子
発行:DU BOOKS
発行日:2023年2月24日発行
サイズ:A5変形判、280ページ

Web花椿の好評連載「90s in Hanatsubaki」に大幅加筆した、待望の書籍化。







震災後のエスノグラフィ

著:高森順子
発行:明石書店
発行日:2023年3月1日
サイズ:四六判、368ページ

「阪神大震災を記録しつづける会」のアクションリサーチ
活動を「よい物語」にしたい欲望もめぐる中、そのままならなさを含み込む研究は可能か。アクションリサーチの可能性を提起する。






食客論

著:星野太
発行:講談社
発行日:2023年3月2日
サイズ:四六判、272ページ

傍らで食べるもの──それはだれか?

ロラン・バルト、ブリア=サヴァラン、フーリエ、ルキアノス、キケロ、カール・シュミット、ディオゲネス、九鬼周造、北大路魯山人、石原吉郎、ポン・ジュノ、メルヴィル、アーレントらのテクストに潜む、友でも敵でもない曖昧な他者=「食客」。彼らの足跡をたどり、口当たりのよい「歓待」や「共生」という言葉によって覆い隠されている、「寄生」の現実を探究する。






アール・デコ 戦間期フランスの求めた近代建築

著:三田村哲哉
発行:中央公論美術出版
発行日:2023年3月8日
サイズ:A5判、516ページ

アール・デコの原点を紐解く―。
戦間期を中心にフランスで建設された数々の建築、
その萌芽と興隆、および地方都市への波及と受容の
過程を明らかにすることで、今日も世界各地で愛好の
止まないアール・デコの由縁をフランスに探る。






拡張するイメージ 人類学とアートの境界なき探究

編著:藤田瑞穂、川瀬慈、村津蘭
著:ふくだぺろ、西尾美也、柳沢英輔、奥脇嵩大、佐藤知久/矢野原佑史、金子遊、小川翔太
発行:亜紀書房
発行日:2023年3月8日
サイズ:四六判、404ページ

ケニアと日本をつなぐ洗濯物、風を可聴化するハープ、コロナ禍を経た展示──。
アートと人類学が切り結ぶ場所で、まだ見ぬイメージの可能性を考える11人の、研究、制作、展示をめぐる実践と思考。









※「honto」は書店と本の通販ストア、電子書籍ストアがひとつになって生まれたまったく新しい本のサービスです
https://honto.jp/

展覧会カタログ、アートやデザインにまつわる近刊書籍をアートスケープ編集部が紹介します。
※hontoサイトで販売中の書籍は、紹介文末尾の[hontoウェブサイト]からhontoへリンクされます



2023/03/14(火)(artscape編集部)

2023年03月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ