2018年10月15日号
次回11月1日更新予定

artscapeレビュー

西野康造 展「Space Memory」

2014年07月01日号

会期:2014/06/07~2014/06/28

ARTCOURT Gallery[大阪府]

昨秋に、ニューヨークの4WTC(4 World Trade Center)のうち、槇文彦が設計した棟に直径約30メートルに及ぶ大型彫刻《Sky Memory》を設置した西野康造。本展は彼の初の作品集出版を記念して開催され、全長約28メートルに及ぶ《Space Memory》と、直径約6メートルのリング型作品(タイトルは同名)、4WTCの作品模型と設置工事を記録した映像などを展示した。巨大な《Space Memory》が、キャンティ・レバー方式により1点だけで支えられているのはマジカルな光景で、その構造美は圧巻と言うしかない。しかも本作は、空調の風に影響されてかすかに揺れるほど繊細なのだ。まさか画廊でこれほどの作品を見られるとは思わなかった。美術ファンはもちろん、建築関係者にも大きなインパクトを与えたのではなかろうか。

2014/06/06(金)(小吹隆文)

2014年07月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ