2017年11月15日号
次回12月1日更新予定

artscapeレビュー

7つのトランスフォニー

2017年05月15日号

twitterでつぶやく

会期:2017/04/22~2017/07/09

トーキョーワンダーサイト渋谷[東京都]

2015-16年にTWSレジデンスに滞在した海外のアーティスト7人による作品の発表。さまざまな人に、世界が意味をなさないと感じたときに口ずさむメロディをハミングしてもらい、それらを集めて音楽家にひとつの曲をつくってもらったミルナ・バーミアのビデオ・サウンドインスタレーション、東京の町を歩いているうちに疎外感を覚え、料亭のような和室でシャツを切り裂きボロボロにするエリック・シュミットの映像、テヘラン現代美術館に設置された《物質と精神(オイル・プール)》と題する作品への関心から、作者の原口典之をたずねていくシリン・サバヒの映像など。お手軽なのか、とにかく映像が多くて見ていてツライ。それぞれのテーマは悪くないと思うけど、視覚芸術なんだからもっと楽しませてくれよ。もっと網膜の奥まで刺激を与えてくれよ。

2017/04/30(日)(村田真)

▲ページの先頭へ

artscapeレビュー /relation/e_00039647.json l 10135523

2017年05月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ