2017年07月15日号
次回8月1日更新予定

artscapeレビュー

佐藤翠展─Reflections─

2017年05月15日号

twitterでつぶやく

会期:2017/03/31~2017/04/23

六本木ヒルズA/Dギャラリー[東京都]

作品は大別して2種類あり、例のクローゼットやシューボックス(下駄箱とは似て非なる)をモチーフにした大きめのキャンバス画と、鏡の表面に花を描いた小さめの作品群だ。どちらも銀色を使っているのが特徴的で、特にキャンバス作品のほうはあらかじめ彩色した上に銀で「地」の部分を塗り、服や靴を「図」として浮き上がらせている。ふつうは地塗りの上に図を描くものだが、ここではその関係が逆転している。鏡のほうは、モネの睡蓮のようなタッチを生かした花から、抽象パターン化した花までさまざまあるが、いずれも部分的に塗り残すことで鏡としての機能を保たせている。全面を塗りつぶしたら鏡に描く意味がなくなるからな。しかしこの場合、鏡の上に描かれた花が図なのか、鏡に映る自分が図なのかという大きな問題に直面するはず。ともあれ、こちらにも銀が使われているが、もともと鏡と銀は相性がいいというか、鏡の原料には銀などが使われているくらいだから同根といってもいい。おそらく画材に鏡と銀を選んだのは同時期か、どちらかがどちらかを呼び寄せたのだろう。とすると、キャンバス画の銀は鏡の代用かもしれず、やはり地と図の関係は逆転しそうだ。

2017/04/07(金)(村田真)

▲ページの先頭へ

2017年05月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ