プレビュー:辰野登恵子の軌跡─イメージの知覚化─:artscapeレビュー|美術館・アート情報 artscape

2018年08月01日号
次回9月3日更新予定

artscapeレビュー

プレビュー:辰野登恵子の軌跡─イメージの知覚化─

2016年07月01日号

会期:2016/07/05~2016/09/19

BBプラザ美術館[兵庫県]

2014年に亡くなった画家、辰野登恵子の画業を振り返る回顧展が、神戸のBBプラザ美術館で開催される。関西在住の筆者は彼女の作品を見る機会が少なかった。個人的には、矩形がダイヤ状に連なる作品や、ゆるやかなS字(音楽記号のフォルテから横線を抜いた感じ)があざやかな色面を背景に浮遊する作品など、1980年代から90年代にかけての仕事が印象深い。また、筆者は格子やストライプを連続させた初期の版画作品も知っているが、ほかは見たことがなく、実体験が決定的に不足していた。作者の没後にようやく全体像が見られるのは皮肉だが、本展を逃すと関西で同様の機会はないかもしれないので、必ず出かけるつもりだ。

2016/06/20(月)(小吹隆文)

2016年07月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ