2019年11月01日号
次回11月15日更新予定

artscapeレビュー

岩根愛「ARMS」

2019年06月01日号

会期:2019/05/17~2019/06/15

KANA KAWANISHI PHOTOGRAPHY[東京都]

写真集『KIPUKA』(青幻舎、2018)と、KANA KAWANISHI PHOTOGRAPHYを含むその展示で第44回木村伊兵衛写真賞を受賞した岩根愛の、受賞後はじめての作品発表である。

今回出品された「ARMS」は、「KIPUKA」と並行して進められていたプロジェクトで、冬の雨期の午後にハワイ島サウスポイントで見た植物群の「一面に輝く蛍光グリーンの海」に感動したことが制作のきっかけになった。ハワイの「新緑の季節」は冬だが、東京に帰国すると、春の街路樹にやはり「サウスポイントのグリーン」が見えることに気がつく。それは「ハワイのサトウキビ農場跡地を歩き、ここだ、墓地を見つけた」とわかったときの体感ともつながっていた。岩根はその感触を「顔のない人が力強く腕をつき伸ばしてくる」と記している。こうして、ハワイの緑に埋もれた墓石と、ハワイおよび東京の植物群の写真とをカップリングした今回の展示が実現した。

岩根の写真はけっして押しつけがましいものではなく、むしろ慎ましやかな佇まいでハワイと東京での彼女の体験を伝えてくれる。たしかに、「新緑の季節」の植物たちのみずみずしい生命力の輝きは、目を奪うものがあり、その微妙な色調のグラデーションが丁寧に押さえられている。ただ、ハワイの墓石と植物たちとの結びつきがややわかりにくいので、多くの観客は戸惑ってしまうのではないだろうか。今回の作品は、『KIPUKA』のあとの箸休めに思えてならない。『KIPUKA』がさらに続くのか、それともまったく違う作品が姿をあらわすのかはわからないが、どちらにしても次作に期待したいものだ。

2019/05/24(金)(飯沢耕太郎)

文字の大きさ