2021年09月15日号
次回10月1日更新予定

artscapeレビュー

ホワイトハウスと秋山佑太「スーパーヴィジョン」展

2021年09月15日号

会期:2021/08/01~2021/09/05

WHITEHOUSE[東京都]

磯崎新の処女作《新宿ホワイトハウス》 (1957)にて、秋山佑太の「スーパーヴィジョン」展を鑑賞した。まず場所の説明から始めよう。これは磯崎と同郷だった美術家・吉村益信のアトリエであり、ネオ・ダダイズム・オルガナイザーズの拠点になったことで伝説の家として知られる。が、現存するのか判明しない時期が長く、約20年前、美術批評家の椹木野衣らと住所の情報を片手に現地を訪れたことがあった。外観のみ見学したものの、本当に磯崎の設計なのか、と思うようなぼろぼろの二階建ての木造家屋だった。もっとも、その後、2013年に《新宿ホワイトハウス》は「カフェアリエ」として使われ、内部が見学できるようになる。室内は大きな白い壁が広がる吹き抜けが展開し、そのヴォリュームはちょうど三間の長さを一辺とするキューブを内包する。ローコストの作品だが、磯崎らしい幾何学的なデザインだろう。筆者は監修した「戦後日本住宅伝説」展(埼玉県立近代美術館を含む四館を巡回、2014-15年)において、《新宿ホワイトハウス》も紹介することにした。



《新宿ホワイトハウス》最初の訪問時の様子



「カフェアリエ」の状態



《新宿ホワイトハウス》のヴォリューム模型



再度リノベーションされた《新宿ホワイトハウス》


「カフェアリエ」は下水道の老朽化のため、2019年3月に閉店し、どうなるかと心配していたが、幸い、今年からChim↑Pomによってアートスペースとしてリニューアルされた。設計はGROUPが担当し、外部に屋根や床も増築している。さて、美術家・建築家である秋山佑太の個展は、以下の通り。導入部は口の中でセメントを練ってフォルムをつくる映像から始まり、吹き抜けにはそのフォルムを形成する大量の3Dプリンターを並べ、二階は新宿の切られた街路樹とそのかたちの複製など、建設資材をめぐる生々しい身体とデジタルの造形の往復を提示していた。今回、別会場として歌舞伎町のデカメロンや公園の一部も使われ、オリンピック期間のささやかだが長く残る公共空間への介入、街路樹を座れる切り株ベンチに転用すること、墨出しコレオグラフィ、建物のコア抜きと石膏ボードの交換、テラスに石膏ボードを積み上げて国立競技場の建設現場を眺める映像など、アートから建築をぐらぐらと揺さぶる作品群が続く。いずれもささやかな行為かもしれないが、国家プロジェクトとして強行されたオリンピックに対し、個人の身体を通じた建築的な批評を試みている。そうした意味では、1960年代にアーティストが集った《新宿ホワイトハウス》の精神を継承したものと言えるだろう。



「ホワイトハウス」での秋山佑太「スーパーヴィジョン」展



秋山佑太「スーパーヴィジョン」展 切り株をかたどったベンチ



秋山佑太「スーパーヴィジョン」展 某公園でのささやかな介入


秋山佑太「スーパーヴィジョン」展

会期:2021/08/01〜2021/09/05
会場:WHITEHOUSEデカメロンほか
公式サイト:https://7768697465686f757365.com/portfolio/wh010yutaakiyama/

2021/08/22(日)(五十嵐太郎)

2021年09月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ