2018年07月15日号
次回8月1日更新予定

artscapeレビュー

飯沢耕太郎のレビュー/プレビュー

下瀬信雄「蛇目舞(jamais vu)」

会期:2018/05/30~2018/06/05

銀座ニコンサロン[東京都]

「蛇目舞」と書いて「jamais vu(ジャメヴュ)」と読ませる。「jamais vu」(未視感)は、「déjà vu」(既視感)の逆で、見慣れたものであるにもかかわらず、初めて見るように思えるという感覚である。下瀬信雄は「身の回りの自然、小動物」を撮影する行為を続けるなかで、「jamais vu」に気づき、それを写真シリーズに定着しようと考えた。今回の銀座ニコンサロンの個展では、その第一弾として55点のプリントが提示されていた。

下瀬は1944年生まれ、山口県萩市在住のベテラン写真家で、1977年の「萩」(銀座ニコンサロン)以来、これまで受賞記念展やアンコール展を含めると銀座、新宿、大阪のニコンサロンで30回もの個展を開催している。これは歴代最多であり、さらに更新されていく可能性が高い。にもかかわらず、いつも新たなジャンルにチャレンジしようとしている。今回の「蛇目舞」シリーズも、デジタルカメラだけでなく4×5インチ判や8×10判の大判カメラも使用し、ギャラリーの壁ごとにプリントの大きさを変えて展示するなど、若々しい意欲にあふれていた。デジタルプリントの色味の調整も、だいぶ思った通りにできるようになってきたようだ。

今回は、月の光で撮影された、不思議な生き物のような「キカラスウリ」の写真(DMにも使われている)など、植物のイメージが中心だったが、それだけでは終わるつもりはないようだ。「蛇目舞」シリーズは、今後はもっと幅の広い被写体で撮り続ける予定だという。次回の展示も楽しみである。なお、本展は2018年6月28日~7月4日に大阪ニコンサロンに巡回する。

2018/06/01(金)(飯沢耕太郎)

松原健「Spring Steps」

会期:2018/05/18~2018/06/13

LOKO GALLERY[東京都]

松原健は1980年代から写真作品をコンスタントに発表してきた。2000年代以降は映像を積極的に使ったインスタレーションに移行し、「記憶の反復や循環、共鳴」をテーマに、さまざまな方向に作品世界の幅を広げつつある。その高度に洗練された作品は、むしろ日本よりも欧米諸国での評価が高い。今回、東京・代官山のLOKO GALLERYで展示された「Spring Steps」も、彼の志向が隅々にまで行きわたった見応えのある作品だった。

今回の展示の発想の元になったのは、戦前に横浜のダンスホールで撮影されたという一枚の写真である。シックな装いの男女が、楽しそうに社交ダンスに興じている。松原はたまたまその写真を目にして、「ダンス」をモチーフにした作品群を構想した。メインの作品となる「Dancing Table」は、丸いガラスに封じ込まれた映像の断片が吊り下げられて回転し、それがテーブル上に置かれた割れた鏡に反射して壁に投影されるインスタレーションである。イメージの断片が、変幻しつつ姿を変えていく様は、幻影と現実とのあいだを往還する楽しみを味わわせてくれる。ほかにも、ダンスシューズや丸テーブル(松原が写真に付け加えた架空のオブジェ)をテーマにした作品が並び、会場には物憂いジャズのスタンダードナンバーが流れていた。

視覚、聴覚などを喚起する全身的な体験を、細やかに編み上げていく松原の能力の高さは、特筆すべきものがある。だが、何度かこの欄でも指摘しているように、日本の美術関係者の評価はあまり高まってこない。もう少し大きな会場で、思う存分腕をふるった作品群を見たいものだ。

2018/06/01(金)(飯沢耕太郎)

荒木経惟「恋夢 愛無」

会期:2018/05/25~2018/06/23

タカ・イシイギャラリー東京[東京都]

「モデル問題」で、ネガティブな状況に直面した荒木経惟だが、本展を見る限り、写真家としての凄みはさらに増しているように思える。6×7判のカメラで撮影されたプリントが98点並ぶ会場には、この写真家が本気を出したときに特有の、張り詰めた緊張感が漂っていた。

荒木は基本的に「コト」に反応してシャッターを切る写真家だが、時折、あえて被写体を「モノ」として突き放し、一切の修飾語を剥ぎ取った裸形の存在を開示する写真を出してくることがある。今回の「恋夢 愛無」展には、殊のほか、そんな写真が多く選ばれているように感じた。タイトルを勝手につけてしまえば、「右眼の女」、「帰宅途上の小学生」、「洗面台の生首」、「部屋の隅の小人」、「空を指差す指」といった写真群だ。時に微妙にピントがズレたり、ブレたりしている写真もあるが、奇妙な霊気が漂っていて心が揺さぶられる。全点、モノクロームにプリントしたのもよかったのではないだろうか。例によって「写真は、モノクローム。恋は、モノクロー夢。愛は、モノクロー無」と洒落ているが、被写体の骨格をより強く、くっきりと浮かび上がらせることができるモノクロームのほうが、カラーよりも「写真」に内在する輝きと表現力が純粋に宿っているように見える。

本展は、荒木の78歳の誕生日にオープンした。たしかに「後期高齢写」ではあるが、まだエネルギーは枯渇していない。新作がいつも待ち遠しい写真家はそれほど多くはないが、荒木は僕にとっていつでもそのひとりだ。

「恋夢 愛無」(2018)ゼラチン・シルバー・プリント Image size: 42×53 cm / Paper size: 45.7×56 cm
© Nobuyoshi Araki

2018/05/31(木)(飯沢耕太郎)

千葉桜洋「指先の羅針盤」

会期:2018/05/23~2018/05/29

銀座ニコンサロン[東京都]

千葉桜洋は1966年、アメリカ・ニューヨーク州生まれ。11カ月の時に罹った流行性耳下腺炎のために聴覚障害者になった。高校の時、登山とともに写真を撮影し始め、2014年から渡部さとるの「ワークショップ2B」を受講して、本格的に写真作品を制作するようになる。今回の銀座ニコンサロンでの個展のテーマは、17歳になる彼の息子とその周囲の光景である。

「家の周り、人混み、旅先、息子はいつも突然立ち止まる」。自閉症で、コミュニケーションに障害がある息子は、自分の世界の中で生きていて、家族はその行動に振り回されることが多い。だが、いつでも6×7判の写真機を持ち歩いて撮影することで、息子とのあいだに新たな関係が生まれつつあるようだ。今回の展示では、折に触れて撮影されたモノクロームの写真群が、淡々と並んでいた。タイトルの「指先の羅針盤」が示すように、息子はよく指先で何かを探るような動きをしている。「指先をカクカクと動かし、じっと横目で焦点を合わせ、そろりと歩き出す。脳内で絞りやアングル、ズームを自在に駆使しているかのようである」。千葉桜は、彼のそんな動作や視線の行方に神経を集中させてシャッターを切る。そこには穏やかで、細やかな感情の交流が表われていて、見る者の気持ちを解きほぐしていく。息子を中心として、「巡礼のように」歩き回っている一家の姿から、新たな家族写真の形が見えてくるようにも感じた。

展覧会にあわせて、写真家の森下大輔が主宰するasterisk booksから、丁寧に編集された同名の写真集が刊行された。なお、本展は6月21日~27日に大阪ニコンサロンに巡回する。

2018/05/26(土)(飯沢耕太郎)

郷津雅夫展

会期:2018/04/28~2018/06/03

安曇野市豊科近代美術館[長野県]

郷津雅夫は1971年に渡米してニューヨークに住み、ダウンタウンの住人たちにカメラを向けた写真作品を制作し始めた。その後、空き家になってイースト・ヴィレッジの自宅の近くに放置された建物の窓枠を、その周囲の煉瓦や装飾物とともに切り出し、再構築(reconstruct)する彫刻/インスタレーション作品を制作するようになる。故郷の長野県白馬村に近い、安曇野市豊科近代美術館で開催された本展は、その彼の50年近いアーティストとしての軌跡を辿り直すものである。

これまでの郷津の展覧会は、写真かインスタレーションかのどちらかに限定されていることが多かった。定点観測的な手法を用いた「Window」(1971~1989)、「Harry’s Bar」(1976~79)、「264 BOWERY STREET」(1978~79)などの初期の写真作品は、それぞれユニークな質感と厚みを備えた完成度の高い仕事である。だが、生々しい煉瓦の感触を活かした「窓」のインスタレーションと対比して見ることで、郷津がなぜこのようなシリーズを構想したのかが、強いリアリティをともなって伝わってきた。

もうひとつ、今回あらためて感じたのは、「Twin Towers」シリーズ(1971~81)の凄みである。煉瓦を積み直した窓枠の作品を、ニューヨークのツイン・タワーが見える場所に据え、太陽、炎、波などの自然の要素を取り入れて撮影した、スケールの大きな写真作品である。郷津はツイン・タワーの2つの高層ビルを、「対立するもの」の象徴として捉えていたのだという。言うまでもなく「9・11」の同時発生テロで、ツイン・タワーは消失してしまうわけで、そう考えると、郷津はなんらかの予感を覚えてこの建物を被写体に選んだのではないだろうか。この作品に写っているツイン・タワーは、あたかも墓石のようにも見えてくる。

2018/05/24(日)(飯沢耕太郎)

artscapeレビュー /relation/e_00044301.json s 10146558

文字の大きさ