毎月1日、15日号発行の美術館・アート情報をお伝えするWebマガジン(次回6月1日更新予定)

artscapeレビュー

飯沢耕太郎のレビュー/プレビュー

「美を掬う人 福原信三・路草─資生堂の美の源流─」

twitterでつぶやく

会期:2016/04/05~2016/06/24

資生堂銀座ビル1・2階[東京都]

福原信三(1883~1948)は資生堂化粧品の初代社長、福原路草(本名、信辰 1892~1946)はその9歳下の弟である。彼らは大正から昭和初年に写真家として活動し、優れた業績を残した。信三は忙しい会社経営の傍ら、1921年に冩眞(しゃしん)藝術社を結成し、写真プリントの「光と其諧調」を強調する作画の理論を打ち立てて、同時代の写真家たちに大きな影響を及ぼした。一方、路草はディレッタントとしての人生を貫き、信三のロマンチシズムとは一線を画する、理智的かつ構成的な画面構成の写真作品を残している。
資生堂意匠部(現 宣伝・デザイン部)創設100周年を記念する今回の展覧会には、信三と路草が残した未発表ネガから、同部所属の写真家、金澤正人が再プリントした作品、約50点が展示されていた。信三と路草の作風の違いがくっきり見えてくるだけでなく、彼らの写真の、時代を超えたクオリティの高さが、よく伝わる好企画だと思う。
写真家の残した未発表ネガを再プリントすることについては、いろいろな問題がつきまとうのも確かだ。どこまで勝手に作品を選べるのか、どれくらいの解釈の幅があるのかという判断は、なかなかむずかしい。ただ、今回の展示について言えば、資生堂の「美の遺伝子」がどのように受け継がれているのかを確認するという意味で、面白い試みになったと思う。金澤の解釈は、デジタル化したデータからのプリントも含めて、現代的な感性を充分に発揮したものであり、二人の写真から新たな魅力を引き出していた。それをポジティブに評価したいと思う。これまでの見方とは逆に、信三の写真から力強さが、路草の作品からは繊細さが引き出されているように見えたのも興味深かった。

2016/04/08(金)(飯沢耕太郎)

仙谷朋子「Life」

twitterでつぶやく

会期:2016/04/01~2016/04/30

nap gallery[東京都]

仙谷朋子は1975年生まれ、東京藝術大学美術学部彫刻科を卒業後、同大学院美術研究科を2000年に修了し、主に写真作品を中心に発表している。今回のシリーズは、勤務先の東海大学の海洋調査船に乗り組んで、39日間を赤道直下の南太平洋で過ごした体験を元にしたものだという。つまり「海の上のlife」というわけだ。
僕も多少は経験があるが、船の上では地上とはまったく異なる身体感覚を味わうことができる。つねに足元が揺れ動いている不安定な状況は、視覚や聴覚を狂わせ、精神的にも大きな変動をもたらすだろう。仙谷にとっても、その体験はひどい船酔いも含めて相当に強烈なものだったようだ。だが、あまりにも「キョーレツでありキツかった」ために、2012年のその航海の体験を作品化するにはかなりの時間がかかってしまった。逆にいえば、それだけ時間をかけて熟成したからこそ、クオリティの高いシリーズに仕上がったのではないかと思う。
展示作品は全9点。海面のイメージに球体をフォトグラムの手法で焼き付けた大作、「架空の南半球の星座」を構成した作品、船窓を思わせる円形の画面に海と鳥のイメージを封じ込めた作品から成る。「海の上のlife」を直接的に(ドキュメント的に)再現したものではないが、個人的な体験を普遍的なそれへと昇華することによって、なかなか味わい深い、非日常のなかの日常の手触りが感じられるようになっていた。「life」というテーマは、さらにいろいろなかたちで変奏できそうな気がする。ぜひ、このシリーズの続きを見てみたい。

2016/04/07(木)(飯沢耕太郎)

花代&沢渡朔「点子」

twitterでつぶやく

会期:2016/04/02~2016/05/14

GALLERY KOYANAGI[東京都]

面白い構成の写真展だ。1996年、当時ドイツに在住していたアーティスト・写真家の花代の長女として誕生した点子の0歳から18歳までを、花代自身と沢渡朔が撮影した写真で辿っていく。東京・銀座のGALLERY KOYANAGIの壁面に撒き散らすように並んでいた写真の数は215点(ほかに映像作品1点)。二人の写真の区別は、花代の作品が虫ピンで、沢渡のそれがクリップで留められていることでわかるようになっていた。
花代の写真は家族アルバムの延長のようなテイストで、写真の大きさもプリントの仕方もバラバラ、その眼差しは点子の成長に沿うように、揺らぎつつ伸び縮みを繰り返している。それに対して、点子が15歳で「東京に移住」してから撮影されはじめた沢渡の写真は、プロフェッショナルな写真家の視点で、少女から大人へと脱皮していく微妙な年頃の彼女の姿を捉えていく。その対比が面白いだけでなく、撮り手とモデルとのあいだの関係の密度や綾が、写真に微妙なかたちで写り込んでいるのが興味深い。ただ、普通の家族アルバムと決定的に違っているのは、花代も沢渡も、記号化された「子供らしさ」や「女の子らしさ」のもたれかかることなく。むしろそれらを超越した、見方によっては蠱惑的でもある、魔物めいた禍々しさを点子から引き出していることだろう。
このシリーズは点子が「東京と花代を離れる」ことで、一応は終わってしまうようだが、もう少し見てみたい気もする。もし点子が将来子供を産んだら、その子の写真も取り込んでしまうようなシリーズとして増殖していくのではないかとも夢想するのだ。なお、展覧会にあわせてCase Publishingから同名の写真集(田中義久のデザインが冴えわたっている)が刊行されている。

2016/04/06(水)(飯沢耕太郎)

「MACK CONCEPT TOKYO」

twitterでつぶやく

会期:2016/04/05~2016/04/23

IMA CONCEPT STORE[東京都]

MACKは元Steidlにいたマイケル・マックが2011年にロンドンで立ち上げた写真集専門の出版社。設立から5年あまりを経て、ルイジ・ギッリやアレック・ソスをはじめとする高クオリティの写真集を年間20冊というハイペースで刊行して、世界中の写真関係者の注目を集めている。そのMACKから、昨年刊行の川田喜久治『The Last Cosmology』に続いて、日本人写真家3人の写真集が出版されることになった。深瀬昌久の『HIBI』、ホンマタカシの『THE NARCISSISTIC CITY』、細倉真弓の『Transparency is the mystery』である。そのお披露目を兼ねて開催されたのが本展であり、同会場ではこれまで刊行されたMACKの出版物も展示・即売されていた。
ピンホールカメラで撮影された都市の景観で構成したホンマの『THE NARCISSISTIC CITY』や、ヌードと鉱物の結晶の写真を交互に見せる細倉の『Transparency is the mystery』も悪くないが、なんと言っても見逃せないのは、深瀬昌久自身が構成した最後の個展となった「私景’92」(銀座ニコンサロン)で展示された、111点の連作「ヒビ」を1冊にまとめた写真集『HIBI』である。自己追求の果てに袋小路に落ち込んだ写真家の絶望的な心境を、胸を抉るようなユーモアでまぶしたこのシリーズは、個展以後まったく公開されることがなかったので、その全貌が姿を現わしたことは驚き以外のなにものでもない。深瀬が写真を通じて何を見ようとしていたのか、その最終的な答えのひとつがここにあるのではないだろうか。
MACKはこれ以降も日本の写真家たちを積極的にフォローしていくようだ。どんな写真集が出てくるのかとても楽しみだ。

2016/04/06(水)(飯沢耕太郎)

「グラシエラ・イトゥルビデ 1969-1990年」

twitterでつぶやく

会期:2016/04/02~2016/05/14

タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルム[東京都]

グラシエラ・イトゥルビデはメキシコを代表する女性写真家。1942年にメキシコシティに生まれ、メキシコ国立自治大学映画科を卒業後、マヌエル・アルバレス・ブラボのような先人の影響を取り入れつつ、土着のインディオの文化と暮らしの細部を記録・表現していく、独自の「フォト・エッセイ」のスタイルを確立した。特徴的なのは、代表作の『フチタン、女達の街(Juchitán de Las Mujeres)』(1989)のように、太古の母系社会につながるような女性への視点を積極的に取り入れていることで、フェミニズム的なドキュメンタリー写真の先駆としても位置づけられている。
今回のタカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルムでの個展は、1969~90年に撮影された写真の、ヴィンテージ・プリント19点によるもので、作品自体が貴重であるだけでなく、彼女の眼差しのあり方がストレートに伝わってくる選択・構成になっていた。メキシコの女性たちは、マチスモ(男性優位主義)が色濃い社会のなかで、逞しく生き抜いており、イトゥルビデも彼女たちの生命力を礼賛する、力強い画面構成の写真を撮影している。だが一方で、大地に一人佇むような孤独感、寂寥感を強調する写真もあり、被写体が発する感情の幅が大きく取り込まれている。
1990年に東川賞海外作家賞を受賞するなど、これまでも国内での作品発表の実績を積み上げており、そろそろ美術館クラスの大規模展が実現してもよい作家のひとりと言える。本展の開催がその呼び水になることを期待したい。

© Graciela Iturbide / Courtesy of Taka Ishii Gallery Photography / Film

2016/04/06(水)(飯沢耕太郎)

▲ページの先頭へ

飯沢耕太郎

1954年生まれ。写真評論家。きのこ文学研究家。筑波大学大学院芸術学研究科修了。主な著書=『写真美術館へようこそ』『ジャパニーズ・フォトグラ...

  • RSS配信
  • RSS配信

2016年05月15日号