2018年10月15日号
次回11月1日更新予定

artscapeレビュー

美術に関するレビュー/プレビュー

有元伸也「ariphoto vol.32」

会期:2018/09/04~2018/09/16

TOTEM POLE PHOTO GALLERY[東京都]

今年(2018)の夏は異様なほどの暑さで記憶に残っていくだろう。有元伸也が、新宿界隈を6×6判で撮影したスナップショットを、「ariphoto」と題して展示するのも32回目になるのだが、今回はとりわけそこに写っている人物たちの熱量が半端でないように感じる。今回展示された写真は、今年の6~8月に撮影されたとのことだが、異様な風体、只ならぬ振る舞いの人物たちがひしめいているのは、あの狂ったような暑さとどこか関係があるように思えてならない。別な見方をすれば、有元がそれだけ皮膚感覚を鋭敏に研ぎ澄ませて、シャッターを切り続けているということでもある。

有元は仲間たちとともに運営する新宿・四谷のTOTEM POLE PHOTO GALLERYで「ariphoto」の写真群を発表しながら、2010年から年一冊のペースでA3判変型の大判写真集『ariphoto selection』シリーズを刊行し続けてきた。今回の展示にあわせて、そのvol.9とvol.10が出たのだが、残念なことにこの写真集シリーズはこれで打ち止めということになりそうだ。最大の理由は、郵送料が当初の4倍近くにアップしていることだという。判型が大きく、かさばる写真集をどう配本していくかは、以前から大きな問題だったのだが、状況はかなり厳しくなっているようだ。

『ariphoto selection vol.9』は、2001年に大阪から上京してきた頃に集中して撮影した、カラー写真のスナップショットをまとめたもので、どこか不安げな初々しい眼差しが印象的だ。『ariphoto selection vol.10』は今回展示されたハードコアな新宿のスナップ写真で構成され、最後に腕を伸ばして撮影したセルフポートレートで〆ている。『ariphoto selection』をこれ以上見られなくなるのは残念だが、昨年林忠彦賞と日本写真協会作家賞をダブル受賞した写真集『TOKYO CIRCULATION』(Zen Foto Gallery)のように、また別な形で再編集版を刊行してほしいものだ。

2018/09/07(飯沢耕太郎)

第8回 新鋭作家展 二次審査展示

会期:2018/09/08~2018/09/24

川口市立アートギャラリー・アトリア[埼玉県]

国籍・年齢を問わず新鋭作家の発掘・育成を目的とする公募展。ほかの公募展と違う点は、川口の地域性となんらかの関連を求められること、選ばれたアーティストは1年近くリサーチやワークショップを重ね、学芸員および市民と協働して作品をつくり上げていくことだ。と、ここまで書いて、7月27日にも書いたなあと思い出した。7月の展示は、昨年のこの時期に開かれた二次審査に通った2人の成果発表展だった。で、今日は来年に向けての二次審査の日。書類による一次審査を通過した10人のプランを審査して、2人に絞らなければならない。

アクリルの衣装ケースのなかに部屋をつくってマンションのように積み重ねていく上坂直、手のひらで風景画を描く遠藤夏香、ケンタッキー・フライドチキンを食べて残った骨で小さな人体骨格を組み立てる祐源紘史、暗くした家の隙間から入る光をアートとしてみせる宙宙(チューチュー)、キノーラ式アニメや絵本をつくる蓮沼昌宏、顔ハメ看板を街中に置いていく海老原祥子など、おもしろいプランが集まった。審査は順調に進み、4人、3人と絞り込んだが、そこから先が難航した。ただ優秀なプランを2点選べばいいというものではなく、2点の組み合わせも考えなければならない。というわけで、ようやく決定したのが上坂直と蓮沼昌宏のふたり。来年期待してるぞ。

2018/09/07(村田真)

多和田有希「悪魔祓い、系統樹、神経の森」

会期:2018/08/25~2018/09/29

G/P GALLERY[東京都]

多和田有希は1978年、静岡県浜松市生まれ、東北大学で農学を学んだ後、美術に転じ、ロンドン芸術大学キャンバウェルカレッジを経て東京藝術大学大学院博士課程を修了した。インクジェットプリントの写真画像の一部をヤスリや電動消しゴムで消去したり、ハンダごてで焼き抜いたりして制作されるインスタレーション的な作品は、グループ展などでこれまでも何度か目にしたことがあるのだが、今回G/P GALLERYで開催された個展を見て、多くの可能性を秘めた作家だと感じた。

出品作品は、「打ち寄せる波のイメージを母と共に焼いた」という「I am in You」(2015~)、そして新作の《ID(transition)》と「Family Ritual」である。画面に無数の小穴が開いていたり、紐状の神経繊維が絡み合っていたりするように見える作品は、その物質性の強調に目を奪われがちだが、そこには現実世界をこのようにしか把握できないという強固な確信と、このように把握したいという切実な願望が宿っている。多和田は写真作品制作を通して、まさに自らに「悪魔祓い」の儀式を施すことを希求し続けており、最終的にはそれが自己と他者との関係の修復(セラピー)に繋がってくるということではないだろうか。これまでは、個人的な体験を発想の核に据えることが多かったが、新作では公共図書館のアーカイブスなどから引用したイメージも取り込むようになってきている。今回は、会場のスペースの関係で小品が中心だったが、より大きなサイズの作品を含むまとまった展示をぜひ見てみたい。

20180831 / Yuki Tawada / Photography by Fuyumi Murata

2018/09/05(飯沢耕太郎)

津田洋甫展──初期作品 1950-60年代

会期:2018/08/25~2018/09/09

MEM[東京都]

津田洋甫(1923~2014)は、奈良県吉野郡大塔村(現・五條市)の出身。1949年に大阪の浪華写真倶楽部(1904年創設)の会員となり、以後同倶楽部の中心メンバーのひとりとして活動した。津田の仕事のなかでは、1960年代後半以降の樹木、水をテーマにした自然写真がよく知られている。だが、今回の展示は、それ以前の「初期作品」によるものだった。

戦前の浪華写真倶楽部は、丹平写真倶楽部、芦屋カメラクラブとともに、関西「新興写真」の展開に中核的な役割を果たしていた。戦後になると、絶大な影響力を持つ指導者だった安井仲治が1942年に死去したこともあって、前衛的、実験的なスタイルは次第に影を潜め、穏当な「サロン写真」の団体に変わっていく。だが、今回展示された津田の作品を見ると、戦後の一時期までは、「一人一党」と称される個性的な表現を追求する傾向が、まだしっかりと残っていたことがよくわかる。戦争の傷跡がまだ生々しく残る建物や風景を、やや強引とさえ思えるような解釈で、コントラストの強いモノクロームの画面に定着していく津田のこの時期の写真群には、力強い生命力が脈打っていた。

残念ながら、そのテンションの高い作品制作は長くは続かなかった。1950年代になると、土門拳が主唱した「リアリズム写真」の影響が関西にも波及し、津田も社会的なドキュメンタリーへの関心を強めていく。さらにその後は自然写真を多く手がけるようになった。それでも1940~60年代初頭の時期には、津田に限らず戦前の「新興写真」を継承していこうとする動きは、全国的に展開されていたはずだ。そのあたりの動きを、もっときちんと掘り起こし、検証していかなければならないだろう。

2018/09/05(飯沢耕太郎)

川田喜久治「百幻影」

会期:2018/08/31~2018/10/11

キヤノンギャラリーS[東京都]

あらためて、川田喜久治という稀代の写真家の底力を見せつけられた。東京・品川のキヤノンギャラリーSの空間を黒い箱に見立て、そこに100点のフレーム入り大判プリント(すべて川田自身によるプリントワーク)が並べている。中心になっているのは1970年代の「ロス・カプリチョス」と80年代に開始された「ラスト・コスモロジー」の2シリーズだが、それ以前や2010年代以降の作品も含まれていた。

特筆すべきは、かなり長いスパンで撮影・制作されているにもかかわらず、作品のテンションにまったく弛みがなく、しかも一貫した指向性が貫かれていることである。会場に掲げられていたコメントには、「写真をストレートのままでなく、角度を変えながら、現れてくる世界も探ってみたい」、あるいは「夢のなかの光景が、現実を逆襲するようなトーンを思い浮かべたりした」と記されていた。このような反写実的、反現実的な作風は日本においてはむしろ稀である。その制作姿勢を、ごく初期を除いて、1960年代以来ずっと保ち続けてきたこと自体が、驚嘆すべきことといえる。

シリーズや年代ごとの括りをはずして、作品を一旦シャッフルし、イメージ相互の関係性を注意深く吟味しながら再構成した展示のレイアウトも、とてもうまくいっていた。それに加えて、田中義久がデザインしたという特注の展覧会ポスター10枚が、写真作品の合間に効果的に配置されている。1933年生まれの川田は今年85歳になるが、若々しい創作意欲にまったく衰えを感じない。これもまた驚くべきことだ。

2018/09/05(飯沢耕太郎)

文字の大きさ