2017年05月15日号
次回6月1日更新予定

artscapeレビュー

サトウヒトミ「イグアナの息子」

2017年03月15日号

twitterでつぶやく

会期:2017/02/03~2017/02/19

神保町画廊[東京都]

萩尾望都に『イグアナの娘』(1992)という漫画がある。自分がイグアナのような顔と思い込んでいる醜形恐怖症の娘と、母親との確執を描いた異色作だ。タイトルは似ているが、サトウヒトミの「イグアナの息子」はそれとは正反対といえそうな作品で、こちらは家族の一員となったイグアナを撮影し続けた、ユニークなペット写真のシリーズである。
夫婦と息子、娘の4人家族のマンションにイグアナがやって来たのは、「地元の夏の縁日のくじ引き」で、息子が景品のイグアナを引き当てたからだという。手のひらに乗るくらいの大きさだった黄緑色の爬虫類は、それから13年間で1.5メートルの大きさにまで成長する。その巨大化したイグアナを、家族が柔らかに受け容れていく同居生活ぶりが、シュールかつユーモラスなタッチで綴られていく。時折、ファッション写真的な演出が加わったりするのも効果的だ。あまり例を見ない、のびやかな「私写真」として成立しているのではないだろうか。イグアナは2015年に亡くなり、その日から3日間、イグアナと最も親密だった息子は「家に戻らなかった」のだという。むずかしいかもしれないが、サトウにはぜひ、家族の「その後」のあり方も撮り続けていってほしい。より身体性を強めたポートレートなども、いいテーマになりそうだ。
なお、すでに日本カメラ社から写真集『イグアナと家族とひだまりと』(2016)が刊行されているが、今回の展示はそれとは別バージョンになっている。写真を分割して小さなフレームに入れて並べたり、自作の油彩画と写真の合成作品があったりと、展示構成にも工夫が凝らされていた。

2017/02/08(水)(飯沢耕太郎)

▲ページの先頭へ

2017年03月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ