artscape
artscape English site
プライバシーステートメント
フォーカス
[新春企画]アート・ヴュー 2008
美術、写真、映画、建築、デザイン、演劇、ダンスなど、各ジャンルの批評家、ライター、作家らが、2007年を振り返りながら2008年注目のアートシーンを展望します。2月1日号まで随時更新!
美術
市原研太郎/いちはらけんたろう・美術批評
2008年に注目するアーティストとその理由
現在の歴史的状況を、盛期資本主義アートの時代と捉えた場合。グローバル資本主義に抵抗するアーティストたち、特に中央ヨーロッパ(ドイツ、スイス、オーストリア)のアーティスト──Thomas Hirschhorn、Urs Fischer、Andre Butzer、Anselm Reyle──に注目している。しかし彼らの作品は、すでにPinaultやRubell Familyといった有名なコレクターに蒐集されているのだが。

一方で次の質問の答えにつながるが、グローバル資本主義を根本から批判するアーティストの動向にも注目したい。特に、資本の矛盾が直接、間接に露呈する地域や、それが引き起こす悲惨な紛争や戦争の渦中に生きるアーティストたちの活動に。ここでは、彼らの名前は挙げない。というのも、彼ら自身がマルチチュードであったり、作品の題材がマルチチュードに関連していたりと、本質的に無名の集合体だからだ。
2008年に期待する展覧会・ムーヴメントとその理由
2008年は、オセアニア、アジアで開催されるビエンナーレとトリエンナーレに期待する。
先に述べたように、過去の中心である欧米のアートにはグローバル資本主義に抵抗するアーティストという例外はいるが、新たな時代を創出するアイディアも活力ももはやない。
2008年以降、欧米以外の世界の各地で、前問の後半で紹介したマルチチュードが多彩な活動を繰り広げネットワークを形成するだろう。その元年である2008年に注目したい。
2007年に記憶に残った書物、論文、発言など
なし
Index
建築/五十嵐太郎
写真/飯沢耕太郎
美術/小吹隆文
美術/市原研太郎
写真/小原真史
美術/福住廉
美術/暮沢剛巳
写真/土屋誠一
デザイン/藤崎圭一郎
美術/村田真
演劇/篠儀直子
建築/中谷礼仁
写真/深川雅文
映画/北小路隆志
美術/酒井千穂
建築/南泰裕
美術/ドミニク・チェン
美術/白坂ゆり
サブカルチャー/阿部嘉昭
映画/滝本誠
ダンス/木村覚
デザイン/川上典李子
デザイン/柏木博
映画/大久保清朗
美術/保坂健二朗
ページTOPartscapeTOP 
DNP 大日本印刷 ©1996-2007 DAI NIPPON PRINTING Co., Ltd.
アートスケープ/artscapeは、大日本印刷株式会社が運営しています。
アートスケープ/artscapeは、大日本印刷株式会社の登録商標です。
artscape is the registered trademark of DAI NIPPON PRINTING Co., Ltd.
Internet Explorer5.0以上、Netscape4.7以上で快適にご利用いただけます。