2024年02月15日号
次回3月1日更新予定

artscapeレビュー

蜷川実花「Eternity in a Moment」

2023年06月15日号

会期:2023/05/09~2023/06/19

キヤノンギャラリーS[東京都]

1990年代から2000年代初めにかけて、キヤノン主催の「写真新世紀」やリクルート主催の写真『ひとつぼ展』などをステップボードにして、多くの若手写真家たちが登場した。そのなかでも、とりわけ蜷川実花の幅広い分野での活動ぶりにはめざましいものがあった。コマーシャルやファッションの分野にとどまらず、ギャラリーや美術館でも意欲的な写真展を次々に開催し、映画監督としても脚光を浴びた。2010年代以降も、日本の写真界を代表する存在として輝きを放っているといえるだろう。

その蜷川も、いま転機を迎えつつある。というより、コロナ禍という予想外の事態だけではなく、「新世紀」や写真「1_WALL」(写真『ひとつぼ展』の後進)も相次いで活動を終えるなかで、写真家たちの多くが次の方向を模索しているのではないだろうか。「キヤノンギャラリー50周年企画展」として開催された本展を、その意味で期待しつつ見に行ったのだが、その期待は半ば満たされ、半ば物足りないものに終わった。

今回の展示の中心は、ギャラリーの奥に設定された映像作品上映スペースである。床、天井と側面を鏡貼りにした箱型のスクリーンに上映された7分間の映像作品は、いかにも蜷川らしい、人工的な色彩の花々、蝶、魚などのイメージが乱舞するものだった。そのめくるめく色とフォルムとサウンドの饗宴は、幻惑的であり、見る者を充分に満足させる出来栄えといえる。ただそこには、かつて蜷川の作品にあった、毒々しいほどの生命力の発露が決定的に欠けており、万華鏡を思わせる映像は、拡散したまま虚空を漂うだけだった。逆に、かつて蜷川の作品が醸し出していた「毒」=ビザールな歪みを許容するだけの余裕が、いまの日本の社会には既にないのかもしれない、そんなことも考えてしまった。

なお同時期(5月23日~6月3日)に、東京・銀座のキヤノンギャラリーでも、金魚をモチーフにした蜷川の同名の展覧会が開催されている。


公式サイト:https://canon.jp/personal/experience/gallery/archive/ninagawa-50th-sinagawa

2023/06/01(木)(飯沢耕太郎)

2023年06月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ