2017年11月15日号
次回12月1日更新予定

artscapeレビュー

Gallerst's Eye ♯2 藤崎了一「Vector of Energy」

2016年06月01日号

twitterでつぶやく

会期:2016/04/16~2016/05/29

the three konohana[大阪府]

藤崎了一については、本人と面識はあったものの、作品は知らなかった。と言うのも、彼は一昨年まで京都の複合型スタジオ「SANDWICH」のテクニカル・ディレクターとして、美術家・名和晃平の作品制作に携わっていたからだ。関西初個展となる本展では、主展示室で、立体、写真、パフォーマンスの記録映像とその残骸が展示され、奥の和室では映像作品(約18分)が披露された。それらのなかでとりわけ印象深かったのは映像作品だ。液体に絵具を垂らしてさまざまな複雑な模様が広がっていく様子を捉えたものだが、その神秘的なありさまと色彩美にすっかりやられてしまった。藤崎の活動は、これまでのところ東京が中心だが、地元関西での発表も増やしてもらえればありがたい。

2016/04/24(日)(小吹隆文)

▲ページの先頭へ

2016年06月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ