2018年02月15日号
次回3月1日更新予定

artscapeレビュー

新国立劇場『かがみのかなたはたなかのなかに』

2018年02月01日号

会期:2017/12/05~2017/12/24

新国立劇場[東京都]

子供向けの演劇と言われてどんな作品を思い浮かべるだろうか。新国立劇場が再演に値すると見なした本作の物語はこうだ。

部屋で孤独に出兵のときを待つ兵士・たなか(首藤康之)。単調に繰り返す日々の中、彼は鏡に映る自分の分身・かなた(近藤良平)を友人として見出す。さらに彼らはピザを届けに来たこいけ(長塚圭史)を家に招き入れ、その分身・けいこ(松たか子)と四人で時間を過ごす。だが、たなかとかなたは二人とも「女性らしい」けいこを気に入ってしまい取り合いに。女性なのに「男みたい」なこいけを、こんな奴はいらぬと崖から海に突き落としてしまう。二人はけいこをめぐって決闘をするが、自分の分身を思い切って殺すことができない。そこで二人は妙案を思いつく。ノコギリを持ち出した彼らはけいこを真っ二つにし、仲良く二人で分け合うのだった。そしてたなかは戦場へと旅立っていく——。


[撮影:宮川舞子]

鏡がモチーフの本作には、鏡映しにシンクロするダンスや回文の歌詞・台詞など、単純に楽しい要素がふんだんに盛り込まれている。登場人物、特に女装の長塚が演じるこいけはとびきりチャーミングだ。楽しげな雰囲気で舞台は進む。だが、登場人物たちのむき出しの欲望は不穏な展開を呼び込み、そのチャーミングなこいけは物語から排除されてしまう。あれ? そんなことになっちゃっていいの?

子供たちが疑問を持たなければこの作品はPC的にアウトな単なる猟奇殺人ものになってしまう。重要なのはこいけのキャラクターだ。こいけが魅力的だからこそ、彼女が「男みたい」だと排除されてしまう展開に対する疑問が、さらには男らしさや女らしさといった常識に対する疑問が生まれてくる。自ら作品の要を引き受け、その役割を十二分に果たしたこいけこと長塚に惜しみない拍手を送りたい。

キレイゴトばかり並べていては、人は問うことをしなくなる。舞台は現実を映し出す鏡だ。人のふり見て我がふり直せ。残酷な出来事が鏡の向こうで留まるように。

[撮影:宮川舞子]
[撮影:宮川舞子]

公式サイト:http://www.nntt.jac.go.jp/play/performance/16_009659.html

2017/12/23(山﨑健太)

2018年02月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ