2021年03月01日号
次回3月15日更新予定

artscapeレビュー

Creation Project 2020 160人のクリエイターと大垣の職人がつくるヒノキ枡「〼〼⊿〼(益々繁盛)」

2021年01月15日号

会期:2020/12/01~2021/01/20

クリエイションギャラリーG8/ガーディアン・ガーデン[東京都]

もう10年近く前、岐阜県のものづくり支援の仕事に私が携わったとき、岐阜県大垣市が枡の全国生産量の8割を担うことを知った。なかでも頑張っている製造事業者が大橋量器であることも。当時から同社は枡のヒノキ素材と技術を用いて、円すい形や斜めに傾いた塔形などの斬新な酒器を開発していて、未来志向の事業者だなという印象を抱かせた。だから本展の枡の製作が大橋量器だと知り、十分に頷けたのである。

枡はもともと、米などの穀物を計る道具だ。それがお祝いの席でピラミッド状に積まれて演出される酒器となり、いまに至る。結局、それ以上は発展しづらいため、大橋量器はさまざまな形状に挑み、酒器のほかインテリア小物への展開を探っているのだ。しかし本展を観て、また別の可能性を感じた。枡の表面に個性豊かなグラフィックやイラストレーションを施すことで、違う表情を持つことに気づいたのだ。本展はクリエイションギャラリーG8とガーディアン・ガーデンの2会場にわたり、160人のデザイナーやイラストレーターらがデザインした枡を一堂に会した展覧会である。枡=酒を取っ掛かりにデザインした作品、文字によるメッセージ作品、幾何学模様を生かした作品、動物のイラストレーションを載せた作品など、会場では種々さまざまな枡が見られた。大橋量器にも模様を入れた「カラー枡」という商品はあるが、言わばここまでぶっ飛んだデザインではない。枡の形はオーソドックスであっても、その表面がユニークになることで、計量道具や酒器を越えて用途の幅が広がる。例えばリビングや書斎などで小物入れや飾りにしても良さそうに思えた。また本展は展示だけでなく販売も行なっており、販売収益金は国際NGO「セーブ・ザ・チルドレン」に寄付される。これまで枡に関心や馴染みがなかった人も、これを機に手に入れてみるのもいいだろう。

展示風景 クリエイションギャラリーG8

展示風景 クリエイションギャラリーG8

展示風景 ガーディアン・ガーデン


公式サイト:http://rcc.recruit.co.jp/creationproject/

2021/01/06(水)(杉江あこ)

artscapeレビュー /relation/e_00055233.json、/relation/e_00055232.json l 10166455

2021年01月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ