2017年10月15日号
次回11月1日更新予定

artscapeレビュー

プレビュー:キュレーター公募企画展 大いなる日常

2017年02月01日号

twitterでつぶやく

会期:2017/02/18~2017/03/20

ボーダレス・アートミュージアムNO-MA[滋賀県]

キュレーター公募で選ばれた、田中みゆき(21_21 DESIGN SIGHT、山口情報芸術センター[YCAM]、日本科学未来館で展覧会やパフォーマンス、書籍や印刷物などの企画に携わった経験あり)の企画展。「人はなぜ表現するのか」という根本的な問いかけを軸に、表現のはじまり、他者との関係等を探る。出展作家は、AKI INOMATA、杉浦篤、銅金裕司、戸來貴規、やんツー、吉本篤史、トーマス・リバティニーの7組。アール・ブリュット、昆虫や植物を用いたバイオアート、デジタルテクノロジーを駆使したメディア・アートなど、さまざまな分野の表現が集まっており、その多様性を通じて、表現のはじまりや他者との関係性について考えてみたい。

2017/01/20(金)(小吹隆文)

▲ページの先頭へ

artscapeレビュー /relation/e_00038421.json l 10131620

2017年02月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ