毎月1日、15日号発行の美術館・アート情報をお伝えするWebマガジン(次回4月3日更新予定)

artscapeレビュー

2017年03月15日号のレビュー/プレビュー

羽場文彦展「冷たい空間」

twitterでつぶやく

会期:2017/02/06~2017/02/19

トキ・アートスペース[東京都]

ギャラリー内に一辺1メートルほどの正方形の箱が6個、バラバラに置かれている。箱にはバッタの写真と線描画を焼きつけたタイルが全面に貼られ、離れてみると青いアラベスクのようだ。金沢の陶芸出身で虫好きの作品。

2017/02/17(金)(村田真)

門田光雅 “ULTRA”

twitterでつぶやく

会期:2017/02/18~2017/03/26

セゾンアートギャラリー[東京都]

200号から小品まで、通路もカフェも含めて20点ほどの展示。相変わらず画材屋が喜びそうなほど絵具をどっさり使った絵画だが、まったく非定型な絵具との格闘跡から、縦または横方向に絵具を伸ばしたストライプ型、垂直・水平のストライプを入れた比較的抑制的な表現まで、いくつかパターンに分かれてきた。いずれにせよこれは描いてて楽しそうだ。

2017/02/17(金)(村田真)

山口聡一個展 “The patterns”

twitterでつぶやく

会期:2017/02/04~2017/03/01

セゾンアートギャラリー[東京都]

シマウマやディズニー風キャラクターのおもちゃがたくさん絡み合っているかのような画像。コンピュータで加工して出力した3DCGかと思ったら、ちゃんと手で描いている。仕上がりは見事。見ていて楽しいけど、描いてて楽しいんだろうか。

2017/02/17(金)(村田真)

和田章江「鏡」

twitterでつぶやく

会期:2017/02/10~2017/03/04

秋山画廊[東京都]

2017年1月に40代なかばの若さで急逝した和田章江の遺作展。大きな姿見から手鏡、車のバックミラーまで、鏡をのぞき見る人たちを撮った写真シリーズ25点ほどの展示。数年前に工房親で発表した作品も混じっている。トリックに走らず、作為的にもならず、1枚1枚そっけないほど淡々と撮っているのがいい。鏡を撮ることは迷宮に足を踏み入れることだ。

2017/02/17(金)(村田真)

本田千昭個展「明日への神話~人は謳い人は哭く、大旗の前」

twitterでつぶやく

会期:2017/02/06~2017/02/18

アートラボ・トーキョー[東京都]

ナチスの青年と少女との絡みを描いている。制服にはハーケンクロイツの紋章が。少女漫画の延長というか、内容はともかく絵自体はマンガそのもの。発達障害という作者本人も黒ずくめのネオナチ姿で応対してくれた。おお、本人もマンガから出てきたような……。

2017/02/17(金)(村田真)

▲ページの先頭へ

2017年03月15日号の
artscapeレビュー

  • RSS配信
  • RSS配信

2017年03月15日号