2024年03月01日号
次回3月18日更新予定

artscapeレビュー

市田ひろみコレクション──世界の衣装をたずねて

2015年07月01日号

会期:2015/05/30~2015/07/20

龍谷ミュージアム[京都府]

服飾評論家、市田ひろみ氏のプライベート・コレクションのなかから、アジア、中東、ヨーロッパ、アフリカ、中南米の民族衣装58点を紹介する展覧会。市田氏は1960年代から40年以上かけて、100カ国以上を巡り、430セットの衣装を収集してきた。骨董商、市場、民家など、辺境の国々に足を運び直接交渉して入手したものばかりだという。技術の伝承が途絶え、もはや入手困難なものも多く、今回の出展品のように、丹念で繊細な手仕事がこれほどまでに良好な状態で残っているものはたいへん貴重である。
刺繍、ビーズ、レース、プリーツとさまざまな技法を用いた衣装の数々は、赤、緑、紫、青、黄、金、黒と彩りも豊かで、身を飾ること、着る人を美しく見せることは、衣服が本来備えるべき機能のひとつだと確信させられる。例えば、中国、漢民族の女性の婚礼衣装は、赤い絹地に金の刺繍で鳳凰が煌びやかに描き出されている。また、モロッコのトフレットの女性の婚礼衣装には、珊瑚や琥珀、銀のコインを連ねた頭飾りや幾重にも垂らした長いネックレスをつける。凛々しく荘厳に、かわいらしく華やかに花嫁を演出することによって、婚礼という儀式の意義がより確かになるのだと思う。しかし、こうした民族衣装は、ここ1世紀ほどのあいだに世界中から確実に消え去りつつある。だからこそ、このコレクションはますます貴重な存在になっていくだろう。[平光睦子]

2015/06/09(火)(SYNK)

artscapeレビュー /relation/e_00030941.json l 10112315

2015年07月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ