2021年08月01日号
次回9月1日更新予定

artscapeレビュー

林忠彦×大和田良─五百羅漢を巡るふたつの視覚─

2020年03月01日号

会期:2020/02/05~2020/04/29

天恩山五百羅漢寺[東京都]

とても興味深い企画である。東京・目黒の天恩山五百羅漢寺には、元禄4年(1691年)に松雲元慶が羅漢像を掘り上げて以来、500体以上の羅漢像が奉納されてきた(現在残っているのは305体)。林忠彦は、その五百羅漢像の喜怒哀楽の表情に魅せられ、1982年にそのすべてを撮影し、写真集『天恩山五百羅漢寺』(天恩山五百羅漢寺)を刊行した。そこには人物ポートレイトの撮影で鍛え上げたライティングや画面構成の技術が活かされていた。

その林の作品とともに、今回、同寺内で展示されたのが、大和田良が2018年に撮影した五百羅漢像である。大和田は19世紀の写真草創期の技法である湿式コロジオン法で撮影している。今回は、金属板に画像を直接焼き付けるティンタイプを使用していたが、露光時間はかなり長くかかったはずだ。だが、その柔らかく、繊細な画像によって、年月を経た五百羅漢像の微妙な質感、空気感が写しとられているように感じた。

だが、林の正統派の「ポートレイト」としての五百羅漢像と、大和田の古典技法の現代的な解釈を対比させる試みは、あまりうまくいっていたとは思えない。会場のガラス窓に貼りつけた作品は、光が強すぎてやや見づらかったし、羅漢像の実物と向き合う形の展示は、どうしてもその迫力に押されてしまう。別な会場で、写真作品だけを切り離して見せたならば、林と大和田のそれぞれの写真が語りかけるメッセージを、もっとしっかりと受け止めることができたのではないだろうか。

2020/02/17(月)(飯沢耕太郎)

2020年03月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ