2022年10月01日号
次回10月17日更新予定

artscapeレビュー

青森の建築、アウトプット展#03、大・タイガー立石展──トラック、トラベル、トラップ、トランス

2021年10月15日号

青森県立美術館[青森県]

青森では、《青森県立郷土館》(1972)(ただし、休館中につき、外観のみ)、蟻塚学が設計した新しい《青森港国際クルーズターミナル》(2019)(コロナ禍のため休止中)、フクシアンドフクシによる《青森市庁舎》(2017)(佐藤総合ほかと共同。当初10階建ての計画だったが、アウガの空いた場所も利用することで、3階建てに変更された)や駅前のスタートアップセンター《AOMORI STARTUP CENTER》などを見学しつつ、《青森県立美術館》(2006)も訪問した。



《青森港国際クルーズターミナル》



《青森市庁舎》


最初にコミュニティギャラリーの「アウトプット展#03」を何も知らずに鑑賞したら、大変素晴らしい内容だった。アール・ブリュットの企画であり、時期を踏まえると、東京2020パラリンピックの連携企画と思いきや、もともと3年毎の開催を継続しており、3回目のタイミングがたまたま揃ったのが実情だった。つまり、五輪の一年延期がなければ、ズレていたのである。ともあれ、県内の特別支援学校と福祉事業所だけで、これだけ豊かな作品が集まり、しかも大空間を見事に使いこなしていることに感心させられた。市民向けのギャラリーとしては、相当な天井高であり、ここで効果的に展示するのは、プロの作家でも簡単ではないだろう。


「アウトプット展#03」展示風景


さて、同館では、学芸員の奥脇嵩大にヒアリングを行ない、当初から地域資料、すなわち縄文土器と現代美術を組み合わせる展示を企画していた同館の経緯をうかがう。そもそも三内丸山遺跡の存在が、この美術館の敷地決定に影響を与えている。

続いて、学芸員の工藤健志が担当した「大・タイガー立石展」を見る。やはり、《青森県立美術館》はユニークな空間をもつことから、他館と少し構成を変え、空間にあわせた展示を試みたという。特にドローイング系の作品は、強いホワイトキューブだと負けてしまうので、タタキの壁にかけるなどの配慮が行なわれた。青木淳が設計した美術館は、学芸員に対し、いかに使うのかを工夫させる展示空間と言えるかもしれない。ともあれ、「大・タイガー立石展」は、あまり知られていなかった立体を含む、膨大な作品群から、アートと漫画・建築・デザインとの接点が楽しめる。ゆえに、一般人にとっても間口が広いアートであり、建築にとっては、イタリアにおけるエットレ・ソットサスのもとでつくられた作品が興味深い。


「大・タイガー立石展」展示風景



「大・タイガー立石展」展示風景


アウトプット展#03

会期:2021年8月19日(木)~8月28日(土)
会場:青森県立美術館 コミュニティギャラリーABC
(青森県青森市安田字近野185)
主催:アウトプット展実行委員会

大・タイガー立石展──トラック、トラベル、トラップ、トランス

会期:2021年7月20日(火)~8月31日(火)
会場:青森県立美術館

2021/08/27(金)(五十嵐太郎)

2021年10月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ