2018年07月15日号
次回8月1日更新予定

artscapeレビュー

プレビュー:美術と音楽の一日 rooms

2016年03月01日号

会期:2016/03/05

芦屋市立美術博物館[兵庫県]

サウンド・アーティストの藤本由紀夫、映像作家の林勇気と音楽家の米子匡司、サウンドインスタレーションの原摩利彦、ミュージシャンのharuka nakamura、西森千明、Polar Mが集い、村上三郎と小杉武久の館蔵品も加わって、視覚や聴覚といった感覚の枠組みにとらわれない芸術体験が繰り広げられる。タイムスケジュールに沿って出し物が入れ替わるのも美術館では珍しく、美術ファンと音楽ファン双方にとって新鮮な体験になるのでは。1日限りというのは勿体ないが、逆に一期一会の醍醐味が増すだろう。早春の一日を、美術と音楽に浸ってまったり過ごすのも悪くない。

2016/02/20(土)(小吹隆文)

2016年03月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ