2021年04月15日号
次回5月17日更新予定

artscapeレビュー

佐藤倫子「creative snap」

2021年04月15日号

THE GINZA SPACE/吉井画廊[東京都]

佐藤倫子は2009年の個展「CROPPINGS」(Deco's Dog Cafe 田園茶房)の頃から、自ら「creative snap」と命名した写真作品を発表し始めた。目についた光景をスナップしていくのだが、色、フォルム、質感などに気を配ることで、抽象画を思わせる「リアルであるのに非現実的な世界」が画面上に広がる。そのスタイルをさらに追求していくプロセスで、今回面白い発見があった。1920-30年代に写真芸術社、日本写真会の会員として、ユニークな写真作品を発表していた福原路草と、自分の写真がかなり似ていることに気づいたのだ。

福原路草(本名・信辰)は、資生堂化粧品の創設者の福原信三の9歳下の弟で、高名な芸術写真家だった兄の影響を受けて写真の世界に踏み込んでいった。だが作風は信三と比べるとかなりモダンで、むしろ1930年代以降に流行する「新興写真」に近い。1935~38年頃に自宅近くのトタン塀を撮影した連作など、当時としては驚くほどの実験的、意欲的な作品といえる。たしかに佐藤の「creative snap」は、その路草の仕事と共通点が多い。それを証明するために、今回はTHE GINZA SPACEの会場に、資生堂から路草の作品を2点(《木 榛名湖》1939、《トタン塀》1935)を借りて展示していた。佐藤は資生堂化粧品宣伝部を経てフリーランスになったという経歴の持ち主なので、まさに福原家の美の遺伝子が受け継がれているともいえるだろう。

このような試みはとても興味深いが、「creative snap」自体は、福原路草の仕事の継承というだけではなく、もっと独自の方向へ展開していくべきだろう。そのいくつかの方向性は、本展でも形を取り始めている。たとえば、路草のテーマでもあったトタン塀は、佐藤も以前からずっと気になって、かなりたくさん撮影していたという。トタンという素材に被写体を絞るというのも考えられそうだ。

「creative snap」
会期:2021/03/01~2021/03/28
会場: THE GINZA SPACE
会期:2021/03/01~2021/03/27
会場:吉井画廊

2021/03/16(火)(飯沢耕太郎)

2021年04月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ