2018年04月15日号
次回5月15日更新予定

artscapeレビュー

二条家文書の世界

2016年12月01日号

会期:2016/11/19~2016/12/03

ハリス理化学館同志社ギャラリー[京都府]

二条家は、藤原氏嫡流の公家、五摂家のひとつ。その歴史は鎌倉時代に遡る。江戸時代の屋敷跡は現在、同志社女子大の今出川キャンパスの一角にあたり、1980年以降校舎の建設にともなって屋敷跡の調査がすすめられてきた。本展で展示されているのは、二条家から学校法人同志社が譲り受け研究を進める史料一式のなかから、その核となる即位灌頂約60点のうちの17点。即位灌頂とは天皇即位に関する秘儀である密教儀式のことである。展示品《桜町天皇宸翰》には「即位灌頂の事ハ、朝廷の重事なり、(中略)伏見院即位の時、執柄二条師忠さつけ候而、これより代々二条家のミ受申さる」ともあり、即位灌頂という重要な儀式を受け継いだのはおもに二条家であったようだ。およそ300年前の文書もあるが、保存状態がよいため、年月を感じさせない。今も脈々と続く公家の家系、その伝統を垣間みる展覧会であった。[平光睦子]

2016/11/19(土)(SYNK)

2016年12月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ