2017年10月15日号
次回11月1日更新予定

artscapeレビュー

宇野真由子写真展「root」

2017年01月15日号

twitterでつぶやく

会期:2016/12/13~2016/12/18

フォトギャラリー壹燈舎[大阪府]

作者は北海道釧路市周辺の出身で、大学時代を名古屋で過ごし、卒業後に大阪でカメラマンになった。その後沖縄に移住した時期もあったが、現在は再び大阪でカメラマンをしている。本展の作品は故郷の冬景色を撮影したものだ。釧路市の辺りは冬でも積雪が少なく、風が吹くと雪が舞い上がって霧がかかったようになるという。本展の作品にもそのような情景がいくつもあった。また、冬特有の乾いた光をハレーション気味に表現した作品もあった。作者は子供の頃から早く都会に出たいと思っていたという。しかし、最近になって地元の美しさに気付いたそうだ。自分自身を振り返っても、故郷とはそういうものかも知れない。今後も制作を継続して、美しい故郷を見せてほしい。

2016/12/17(土)(小吹隆文)

▲ページの先頭へ

2017年01月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ