2017年08月01日号
次回9月1日更新予定

artscapeレビュー

未来を担う美術家たち 19th DOMANI・明日展 文化庁新進芸術家海外研修制度の成果

2017年01月15日号

twitterでつぶやく

会期:2016/12/10~2017/02/05

国立新美術館[東京都]

「文化庁新進芸術家海外研修制度の成果」を見せる展示。これまでは派遣されてから20-30年もたつ還暦すぎの作家もいて、なにかアナクロというかナツメロな空気も漂っていたけど、今回は大半が2010年以降に派遣された70-80年代生まれの現役バリバリのアーティスト13人。といってもバリバリに感動するような作品にはなかなか出会えない。そもそも「成果」を発表する場なのに、旧作を出す人もいれば新作ばかりの人もいて、海外に滞在・制作してどんな成果が上がったのかはわかりにくい。まあ「使用前/使用後」みたいにわかりやすいのもウソっぽいけどね。いくつか目に止まった作品を挙げると、ホラー的なものを描いた岡田葉の30点を超す不穏な絵画、コマ撮りで津波を表現した折笠良によるクレイアニメ、クシャクシャにしたレースを陶で再現した保科晶子のインスタレーション、済州島の海女学校を卒業した山内光枝による防潮堤の前で撮ったヌードなど。最後の部屋の金子富之は、派遣先のカンボジアの宗教美術に感化されたとおぼしき大作絵画3点を出しているが、それより100冊以上はあろうかというドローイングノートに惹かれた。神仏像の詳細なスケッチに、細かい字でびっしりとメモが書かれている。本人は作品のつもりで出したわけじゃないと思うけど、どの作品より心を動かされた。

2016/12/17(土)(村田真)

▲ページの先頭へ

artscapeレビュー /relation/e_00037901.json l 10130980

2017年01月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ