2017年10月15日号
次回11月1日更新予定

artscapeレビュー

開館記念展「北斎の帰還─幻の絵巻と名品コレクション─」

2017年01月15日号

twitterでつぶやく

会期:2016/11/22~2017/01/15

すみだ北斎美術館[東京都]

数日前に入館者が3万人に達したと報道されてたので行ってみた。開館記念展の会期43日間で3万人を目標にしていたのに、わすか15日間で達成されたという。予想の3倍近い動員ってわけだ。今日も平日ながらけっこうにぎわってる。まず建物だが、基本は立方体の大きな固まりで、縦方向に何カ所か鋭角の切り込みが入り、下のほうは十字形に貫通している。つまり1階は4つの部分に分かれ、上のほうはひとつにつながってる四つ足構造だ。1階でチケットを買い、4階の企画展示室へ行くのだが、小さいエレベータが2機しかなく、混んでるため待たなければ乗れない。「なんで階段がねえんだ?」とスタッフに詰め寄るおばあちゃんもいる。客の8割方を占めるお年寄りに階段を要求されるほどの混雑ぶりというか、うれしい見込み違いというか。
展示場は3、4階の2フロアだが、ロビー(なぜか3階はホワイエ、4階はラウンジと称している)が広く、各フロアの3分の1を占める。4階のラウンジに切り込まれた窓からはスカイツリーが遠望できる仕掛け。展示室は4階が常設と企画に二分され、3階は企画のみ。4階の常設展示室には、長屋の一室で絵を描く北斎と娘の応為の等身大フィギュアもある。これがよくできていて、じっと見てたら動いてるように感じるではないか。あれ? と思って見てると、実際に手と首がわずかに動くようになっているのだ。ああ驚いた。さて、4階から3階へは螺旋階段とエレベータが使えるが、3階から1階へはエレベータしか使えず、これは不便というより不安が先立つ。もちろんいざとなったらどこかにある非常階段が使えるんだろうけど、気分的に地に足がつかない感じ。場所は両国から徒歩5分ほどで、下町情緒を期待してたけど、まるでそんな雰囲気はない。まあそこまで期待するのは酷か。

2016/12/13(火)(村田真)

▲ページの先頭へ

artscapeレビュー /relation/e_00037909.json l 10130979

2017年01月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ