2017年06月15日号
次回7月3日更新予定

artscapeレビュー

改組 新 第3回日展

2017年01月15日号

twitterでつぶやく

会期:2016/10/28~2016/12/04

国立新美術館[東京都]

まず日本画を見る。なんの感動も感想もない。洋画を見る。感動はないが、感想を少し。最初の部屋の壁一面に特選10点が並んでいるが、驚くことにすべて学生レベル。もっと悪いことに、学生ならまだ向上心があり、やり直しもきくけど、この方々はハナからやる気がなさそう。ありきたりの風景、人物、静物を無難に描いてるだけで、なんの野心も冒険も感じられない。いや、日展内で出世しようという野心はあるのかもしれないが、少なくとも芸術上の冒険精神はまるで感じられない。もちろん今回に限ったことではなく、毎度のことだが。そんななか、水墨画風フォトリアリズムの水彩画を出した山本浩之の《朝の雪》は、あまり見かけない画風で新鮮に感じた。

2016/12/03(土)(村田真)

▲ページの先頭へ

2017年01月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ